漫画、アニメ、音楽、映画ブログ(70年代~90年代中心)お勧め作品を紹介!

エンタメ雑貨店

お絵描き 漫画

【お絵描き】ポーズマニアックスはマジでおすすめ!毎日デッサンした結果はいかに?

更新日:

長らくブログをサボっていました。他の事業をしてたからなんですけどね。
過疎りまくっててすみません(-_-;)
2020年最後の締めくくりのブログを書いていきたいと思います。

1.私が毎日デッサンをするきっかけになったもの

きっかけはこの動画です。

ふぁみさんと言う方ですが、この方は現役のイラストレーターさんです。
「戦闘機パーカー」のデザインややラノベの挿絵などを担当されています。

サムネイルを見て分かると思いますが、物凄い進化を経た方です。
どう見ても同じ人が描いたと思えませんね。

ふぁみさんは毎日3年間はポーズマニアックスを見て、デッサンをしてたそうです。
しかも一日も欠かさずです。
コツは長時間時間を取ると続かないので、
短い時間を使って描いてたと聞きました。

大体一日20分~30分と時間を決めて描いてます(私の場合)

ポーズマニアックスの顔や体は殆ど「進撃の巨人」の巨人にそっくりで
顔などはかなりリアル過ぎて真似る気にもなれませんが、デッサンはあくまで体の構造を頭に叩き込むので、この際顔は関係ありません(笑)

私の場合は顔は殆ど描いてません。のっぺらぼうです(^-^;

2.ポーズマニアックスデッサンは2020年6月から続けています。

最初は棒人間から始めました。
30秒をセットして、ひたすら描きます。
消しゴムは禁止です。時間が短いから
消しゴム使っている場合じゃありません(笑)

ある程度慣れてきたら、60秒に時間を増やしてスケッチします。

用意するものは、スケッチブックと鉛筆です。
最初は少々高いスケッチブックを使ってたけど、紙が少なくてすぐにいっぱいになってしまうので最近では100均のスケッチブックを使っています。
(ノートでも良いですが、罫線が入ってない無地を選びましょう)

安価なスケッチブックは少々紙質が悪いですが、消しゴムを全く使わないので
問題ありません。
サイズはA4が良いですね。小さすぎたら1ページに1ポーズしか描けないので
コスパが悪いです。

鉛筆ですが、私は「F」を使っています。
長い間ステッドラーの2Bを使っていましたが、手がかなり汚れやすいですし
先がすぐに丸くなってしまいます。
硬すぎず、柔らか過ぎずのFが適正かなと思います。

シャーペン派の方もいると思いますが、使いやすいのが一番ですので
シャーペンでも良いと思います。

2.ポーズマニアックスデッサンは2020年6月から続けています。

前々からポーズマニアックスは知ってましたが、使い様が分からなかったので
全く使ってませんでした。

こんな膨大な量のポーズを無料で描けるなんて凄いですよね。
私もお絵描き入門の本を何冊か持ってますが、平均2500円~くらいで結構高いんですよね。大変助かります!

※ポーズマニアックスはflashと言うものを使っていますが
PC版のみ2021年からは使えないようになります。(flash終了のため)
もしかしたら代替えのものが出来るかもしれません。

スマホやIPADならそのまま使えるので、問題ありません。

今現在(2020年12月)でデッサン始めて半年になりました。
上達のほどはいかほどでしょうか?
それは過去のデッサンを見たら明白でした(^-^;

3.適当にスケッチしたものを写真で撮って見ました!

今まで使ってきたスケッチブックは正確には計ってませんが、大体で15冊分は描いたと思います。まだ始めたばっかりの頃は酷いですね~(笑)

2020年7月頃の写真

まだ人間描けてません(^-^;
ここまでデッサンが出来て無かったのか!と痛感しました。

なんですかこれは?(笑)
タイガーマスクのMr.ノーみたいです(^-^;
古いネタですみません💦

9月か10月頃の写真

なかなか様になってきたと思います。
結構変化してきてますね!

こっちも人間の体になって来てますが、まだまだです💦
とにかくポーズマニアックスはお尻丸出しのものが多いので
最初に上手くなるのはお尻だと思います(笑)

そして12月の写真

まだまだだけど、少しは描けるようになってきたと思います。
たった1分でデッサンしているので荒くなりがちです(^^;

4.毎日続けてみての感想

最初は複雑なポーズが出たりするとうっ…と手が止まりがちでしたが
もう今は躊躇なく描けています。
1分しかないからとにかく手を動かさないとまともにデッサン出来ません。

長年アニメの絵や漫画の絵などを模写してきましたが、
このポーズマニアックスは
それまでの概念とはまるで違います。

「とにかく体の構造を覚える」事が重要になって来ます。
顔を描く事の萌えは二の次です。

体を描けない事にはきちんとした絵にはなりませんからね。

毎日続けるにはルーティンに取り込むのが大事です。
時間は好きな時間で良いですが、〇〇やった後に
スケッチやると言う風に決めます。

そしたら続けやすいです。
私は音楽を聴きながらか、YouTubeのトーク番組を
聴きながらデッサンしています。
トーク番組は平均10分~20分のものが多いので、トーク番組が終わったらデッサンも終了と言う風にしています。

5.まとめ

大昔にデッサンやろうと思って、何度かチャレンジしたこともあるけど
全く続きませんでした。本だとついついポーズを選んじゃうんです。
しかし、ポーズマニアックスはランダムでどんどん出て来るので、逆に選んでる場合じゃありません(笑)

絵を描く事が大好き、または絶対画力を上げたい!と言う気持ちがとても大切です。
それさえあれば、誰でも出来ると思います。

絵が下手で困ってる、将来は画力をもっと上げてプロになりたいと思ってる方には本当におすすめです。

-お絵描き, 漫画

Copyright© エンタメ雑貨店 , 2021 All Rights Reserved.