漫画、アニメ、音楽、映画ブログ(70年代~90年代中心)お勧め作品を紹介!

エンタメ雑貨店

70年代 80年代 J-POP 令和 洋楽 漫画

【気分が良くなる音楽】聴いてて爽快になる8曲を紹介します!

投稿日:

最近は、コロナ禍などで嫌な気分になる事が多いですよね。
そんな時は音楽を聴くのがおすすめです。
何気なく音楽を聴いていると気分が良くなった事は結構あると思います。
爽快な曲を5曲紹介してみたいと思います。

服部克久さん 「ル・ローヌ」(河)(1986)

つい先日の2020年6月のご逝去されました。
服部さんは数々の名曲を残されましたが、その中でも
特に有名なのは「ル・ローヌ」じゃないでしょうか?

私がこの曲を知ったのは、関西テレビの『円広志のグルメデート』
と言う番組でした。

聴いててとても気分が良くなる曲なので好きな曲だったんですが
曲名や作曲者も知らずに長い間そのまんまにしてました(^-^;

ある日思い立ってネットで検索したら、すぐに出て来ました(笑)

音楽畑 オーサーズ ベスト プレミアム/CD/WPCL-11987posted with カエレバ

Percy Faithさん 「The Theme From "A Summer Place"」(1959)

パーシーフェイスさん(1908年4月7日 - 1976年2月9日)

最近はあまりテレビでは使われませんが、80年代辺りまでは
良くこの曲が使われていました。

こちらも聴いててとても爽やかな気分になる曲です。
調べてみたらこの曲のリリースは1959年(昭和34年)ととても古い曲だったので
びっくりしました。通りで作曲家さんのパーシーフェイスさんの写真が
かなり古ぼけていたわけですよ(^-^;

元々は、1959年のアメリカ映画「避暑地の出来事」の曲でした。

この曲のオマージュと思われる曲は実は超人気ドラマ
「孤独のグルメ」でも
使われています。結構似てるんです(笑)
確か中期ごろだったと思います。調べたらサントラは多数出ているんですよ。
完璧に探すのは難しいので断念しました。すみません(;^_^A

作曲者と曲名を探し当てるきっかけはこの「孤独のグルメ」
だったんです。

夏の日の恋パーシー・フェイスからの贈り物posted with カエレバ

Johnny Pearsonさん 「First Love」

ジョニー・ピアソンさん (1925年6月18日 - 2011年3月20日)

この曲も特に80年代に良く使われていた曲です。
聴いた事がある方は多いのではないでしょうか?

聴いててとても癒されますよね。
可愛らしいメロディです。

意外な事に、このジョニーさんは70年代に
大人気だったアーティストカーペンターズのアルバムの曲も手掛けていました。

収録されていたアルバムは「Now and Then」の「ヘザー」と言う曲です。
私の父がこのカセットを大昔持ってて車の中で鳴らしてました。
中でもこの曲が好きだったんです。

とても美しい曲なので、ぜひ聴いてください!
(CDは現在品薄になってます(^-^;)

「Now and Then」「ヘザー」(1973)

CARPENTERS カーペンターズ NOW & THEN REMASTER CDposted with カエレバ

クレイス君
クレイス君
この曲は何とスマホで検索したんだぞ~
リトスさん
リトスさん
マジ⁉めっさ便利やん!
クレイス君
クレイス君
これはSound Houndと言うアプリで検索したんだよ!会社の同僚さんから教えてもらったんだよ!おすすめ!

E.L.O 「twilight」(1981)

こちらはイングランド出身のバンドE.L.Oの代表曲です。
E.L.Oは(Electric Light Orchestra)の略です。

2005年のドラマ「電車男」の主題歌としても有名ですね。
1970年からバンド活動をやっておられるので、かなりの
大御所になります。

その他にもエヴァンゲリオンの庵野秀明さん達がまだ大学生だった時に
作ったアニメ「DAICONⅣ」の使用曲でも良くアニメファンにも知られています。
選曲した人は誰だったのか本当に気になります。

センスが良すぎなんですよね。相当音楽に精通した人だと思います。

「twilight」が入っているアルバム「Time」は私も所有していますが
内容はちょっと変わっていて、殆どの曲がノンストップになっています。
このアルバム曲の「twilight」の他に「Hold On Tight」も「DAICONⅣ」の
メイキングビデオに使われています。

ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA エレクトリック・ライト・オーケストラ TIME CDposted with カエレバ

PSY・S 「parachute limit」(1988)

ちょいマイナーなバンドPSY・Sですが、ご存知でしょうか?
松浦雅也さんがキーボードを務め、ボーカルは‎CHAKAさんの
2人ユニットでした。

私は、OVAの「TO-Y」(1987)でこのバンドの
素晴らしさを知ったんですが
もっとメジャーになったのは、翌年のアニメ「シティーハンター2」の「ANGEL Night」からでした。

1985年から1996年まで活動していました。
「パラシュートの瞬間」は「ANGEL Night」も入っているアルバム
「nonfiction」の一曲目に入っています。
私はこの「non-fiction」はPSY・Sのアルバムの中では最高傑作と思っています!
1988年の8月に発売されたので、爽快感たっぷりのアルバムに
なっています。
30年以上前にもなる曲なのに、全く古さを感じません!

NON-FICTION/CD/SRCL-4246posted with カエレバ

Michel Polnareffさん 「シェリーに口づけ」(1971)

1966年から現在まで活動されているミッシェルさんは、御年76歳です。
(2020年現在)

こちらも結構テレビでも使われている曲です。
聴き心地がとても爽やかな曲です。
声も透明感があって良いです!

良く聴くとこれはフレンチポップなんですよね。
70年代特有のシンプルで流れるようなメロディが魅力的です。

シェリーに口づけ~ベスト・オブ・ミッシェル・ポルナレフ/CD/UICY-15416posted with カエレバ

Sylvie Vartanさん 「あなたのとりこ」(1968)

この方も1961年から現在も活動されている
エネルギッシュなアーティストさんです。

若い頃の写真を見たら、かなりの美人さんで思わず吸い込まれそうな
ルックスをしていますが、現在の写真を見ても
その美貌を保ってらっしゃいます。

声はハスキーボイスでちょっとギャップがあるのが魅力です。

「ウルトラマン」の強敵バルタン星人のルーツはこの方なんですよね。
見た目は全く違うので、名前だけだったと思います(^-^;

度々CMでも使われていますよね。
何度も使われている事は名曲の証です!

シルビー・バルタン・ベスト・セレクション/CD/BVCP-2626posted with カエレバ

大瀧詠一さん「君は天然色」(1981)

こちらも何度もCMに使われていますね。
大瀧さんは本当に良い曲を作ってらっしゃったので、大好きです。

夏の爽やかなイメージにぴったりの曲です。
最近ではアニメ「かくしごと」のエンディングでも使われています。
映像も当時流行っていたイラストレーター、鈴木英人さん、または永井博さんのような色彩なのが素晴らしいです。

☆ 永井博さん

1970年からグラフィクデザインを手掛けています。
永井さんは、大瀧詠一さんのアルバム「long vacation」の
ジャケットイラストで有名です。
その他にも有名アーティストさんのアルバムジャケットの
担当もしていました。

☆ 鈴木英人さん
80年代の中学生用英語の教科書「NEW HORIZON」や
「FM STATION」の表紙イラスト、山下達郎さんのアルバムジャケットで有名です。

Light force The documents of Eizin wo /フォ-ス/鈴木英人posted with カエレバ

Time goes by… 永井博作品集 /復刊ドットコム/永井博posted with カエレバ

とても気分がわくわくしてくる曲だと思います。

大瀧さんは2013年に65歳でにこの世を去りましたが、名曲の数々は
今でも輝き続けています。

A LONG VACATION 30th Edition/CD/SRCL-8000posted with カエレバ

まとめ

まだまだ気分が良くなる曲があるんですが、今回はこの辺にしておきます。
今回紹介した曲は、テレビで良く使われてる曲が殆どですが、あなたは
知っている曲はありましたか?

名曲揃いなので、どれを聴いても素晴らしいです!

コロナ禍の鬱蒼とした気分をスカッと飛ばしてくれますよ!

-70年代, 80年代, J-POP, 令和, , 洋楽, 漫画
-

Copyright© エンタメ雑貨店 , 2021 All Rights Reserved.