漫画、アニメ、音楽、映画ブログ(70年代~90年代中心)お勧め作品を紹介!

エンタメ雑貨店

PCで作業 お絵描き 漫画

【話題の液タブ】WACOM ONEお勧めポイントについて!

更新日:

2020年に入ってから話題になっていますね。Amazonだと3万台で購入出来るようになって
お値段もリーズナブルになりました。筆者はまだ購入してませんが、実際に触って来ましたので、感想などを述べていきます。

液晶タブレットの歴史、Wacom oneのスペックなど

2001年にWacom Cintiq C-1500Xが登場して早20年近く経ちました。
この頃の価格は何と16万8000円でした。

この頃の価格はとても高価で、なかなか手が出せないのが
現状でしたが、お絵かき用のタブレット大手メーカーWacomがついに
重い腰を上げました。

気になるスペックは…

表示サイズ / アスペクト比 13.3型 / 16:9

画素ピッチは0.1533 x 0.1533mm
最大表示色1677万色 (8bit)

これらを見るのも大事ですが、一番見るべきポイントは
筆圧感知ですよね!

筆圧レベルが4096レベルになっています!

私が使っているのはCTH-480ですが、こっちの筆圧感知は
1024レベルです。

数年前までIntuos5を使ってたんですが、壊れちゃって
中古でこっちを買ったんですよ。

格段の差です!(笑)CTH-480は2005年製ですからね。

筆圧感知の数値は、かなり重要と言われており
線画の引きやすさや、色塗りの際に大いに発揮します。

買ってみた人の動画

プロのイラストレーター松村上久郎さんがレビューされています。
こちらの動画は編集されたものですが、もともとはライブ配信されていました。

さすがプロの方ですよね!色々な液タブをそれまで使われてきている方なので
コメントに説得力があります。

箱から出してセッティング方法まで詳しく教えて下さっています。
松村さん曰く「Wacom oneは買い」だそうです!

長年強気の価格だったWacomがなぜここまで低価格になったのか?

私の場合、ペンタブは1997年から使っていますが、この時代は
ペンタブでさえもとても高価で手が出ない価格でした。

この当時はIntuosの前身である「Art PadⅡ」の値段ですが…

ArtPad II:19,500円~ (一番小さいサイズ)
ArtPad II Pro:39,500円(IntuosのMサイズに当たります)

私はこのMサイズが欲しかったんですが、こ、これは手が出ませんでした(-_-;)

この当時もやはり今と同じでWacomが一番メジャーでしたが
他に売られてたセイコー(SII)製のペンタブレット
「ImagePad PRO」が安価だったので、こっちにしました。
17800円くらいでしたね。

やがて、時代が変わりWindows meのOSになった時にドライバが
対応しなくなり使えなくなりました。
SIIはペンタブ販売から撤退したんですよ。

徐々にWacomは価格を下げて「banboo」や「Favo」など廉価版が登場したりして
買いやすくはなってきたんですが、やはり憧れはあの「液タブ」なんですよね。

液タブは平均「10万以上は当たり前」の時代が長く続いていましたが
数年前から海外製の液タブが激安価格で出回るようになりました。

この事態に焦った(?)Wacomは低価格帯のWacom oneを発売するに至ったそうですが
これはあくまで憶測なので、信じる、信じないはあなた次第です(^-^;

触ってみた感想

数日前に触ってみました!
描き心地はとても軽くて、髪の毛の線なども
サラサラと描けました!

これまでは液タブはサイズが大きいため、ヨドバシなどの
大手量販店に行かないと触れませんでしたが、Wacom oneはサイズが小さいので
ソフマップでも触れました。

本体も持ち上げてみたらかなり軽く、しかもサイズも
コンパクトなため、カバンに入れて持ち運びも出来ます。

持ち運びが出来るのはかなり大きいですよね!

これからの液タブについて

この「Wacom one」の登場によって、グッと身近になってきますね。
しかも軽量になっているのもかなり大きいです。

通常の液タブはゴツくて結構重いですから(-_-;)
持ち運びしている方は、キャリーカートに入れてらっしゃいますしね。

長年ペンタブを使う時代が続いていましたが、これを機に
液タブ主流の時代が来るかもしれません。

Wacom one VS apple pencil

どっちが良いかよく話題になりますよね。
筆圧感知はWacomが4096レベル、apple pencilは2048レベルです。
倍以上の差がありますが、apple pencil2になってから格段に向上しました。

この向上っぷりは目が離せません!

どっちが良いかは、どちらもショップで試せますので
実際に触ってみる事をお勧めします。

WACOM ペンタブレット DTC133W0Dposted with カエレバ

セルシス clip studio paint pro パッケージ版posted with カエレバ

セルシス clip studio paint ex パッケージ版posted with カエレバ

まとめ

新型ウィルスの影響で、自宅待機を余儀なくされる事が
これからもっと激化していくと思われます。

そういう時こそ、お絵描きするのもおすすめですね。
自宅で出来る事の代表格とも言えます。

お絵描き初心者の方は、ペンタブから始めてみるのもおすすめです。
これからもWacomの動向には注目です!

ワコム CTL-4100/K0posted with カエレバ

-PCで作業, お絵描き, 漫画
-

Copyright© エンタメ雑貨店 , 2020 All Rights Reserved.