漫画、アニメ、音楽、映画ブログ(70年代~90年代中心)お勧め作品を紹介!

エンタメ雑貨店

80年代 J-POP 歌謡曲 洋楽 音楽

荻野目洋子さんの名曲「ダンシング・ヒーロー」にはモデルがいた!解説と名曲を紹介します。

投稿日:

80年代を代表するアイドル荻野目洋子さんの名曲「ダンシング・ヒーロー」には
実在のモデルがいた事をYahoo!ニュースに載っていました。この事について
詳しく語っていきます。名曲も一緒にお届けしますね!

 

 

 

 

1. 名曲「ダンシング・ヒーロー」について

「ダンシング・ヒーロー」は1985年11月に発売されました。
カッコいい曲だったので、たちまちヒットチャートにランクインしました。
荻野目さんは1984年からデビューしていましたが、この「ダンシング・ヒーロー」まではヒット曲に恵まれませんでした。
デビュー当時から知ってましたが、元々歌はかなり上手でしたね。

「ダンシング・ヒーロー」は作詞はもちろん日本人の篠原仁志さんですが、
作曲はイギリス人のアンジェリーナさん作曲です。

もともとこの曲はイギリスの人気歌手アンジー・ゴールドさんのヒット曲で
日本でも歌われる事になりました。
原曲は「Eat You Up」になります。

確かに最初にこの曲を聴いた時は、洋楽っぽいなと思ってたので
納得です。

最近では、大阪府立登美丘高等学校のダンス部で踊った「バブリーダンス」で
再びヒットしたのは耳に新しいですね。
私はこの曲が流行ってた当時はまだバブルの頃ではなく、実際には円高不況の頃でした。
きっかけは「バブリー」でしたが、誤解されて浸透してしまいました。
リアルタイムを知っておられる方は、相当な違和感を感じたと思います(笑)

実際のバブルはもう少し先の1986年辺りから、じわじわと好景気になってきて
1989年辺りにはピークを迎え、1991年には終焉しました。

この人気の影響で、16年ぶりに「ダンシング・ヒーロー ジ・アーカイブス」の
CDをリリースしました。
凄いですよね。長らくCDを出せなかった荻野目さんはとても嬉しかったでしょうね。

2.「ダンシング・ヒーロー」の実在のモデルとは?

そのモデルとは、荻野目さんの所属事務所社長の平哲夫さんが
Yahoo!ニュースで詳しく語って頂きました。

22歳で木倉事務所に入って、故・青江美奈さんのマネジメントを担当されて
色々と学んだそうです。

当時、青江さんは人気歌手だったので、嫌だと思った仕事でも
出来る限り引き受けるようにしてたところを見て、平さんは今でも
その信条を貫いています。

のちに、30歳で独立してアイドルなどの才能の発掘などに勤しみます。
その時に光ってたのは「ミルク」という3人のアイドルグループを目にした時に
一番光ってたのは荻野目さんだったと言っておられました。

当時、小学校6年生だった荻野目さんを抜擢します。
しかし、学業を優先させるために一旦休業していましたが
中学2年に入る頃にまた連絡があって、「やはり歌が好きなのでやりたい」
との意思があって、本格的に歌手業をやるようになります。

そこで、洋楽の「ダンシング・ヒーロー」のオファーが来ます。
まだこのタイトルが決まっておらず、
アイドル路線だった荻野目さんですが、地味でパッとしなかった時代の
転機が来たんですよね。

そこで新御三家「郷ひろみさん、野口五郎さん、西城秀樹さんにつづくスターがいない。これに受け継げる人はいないのか?」と探していたところ、東京の赤坂でスカウトした人が凄かったの事です。

当時高校2年生だったある男性はダンスが上手く、新宿のディスコでバイトしていて
その男性が踊るとみんなマネしてたそうで、まさに日本のマイケルジャクソンさんのようでした。

この男性はデビューまでには至らなかったんですが、その伝説を元に
「ダンシング・ヒーロー」と名付けられました。

この男性、相当凄かったんでしょうね(^-^;

3.80年代半ばの音楽シーンはどんなだった?

この頃は、歌謡曲も大人気でしたが、
洋楽もかなり人気があり、入り混じってた記憶があります。

洋楽を日本語訳にして歌ってた曲もありましたね。

西城秀樹さんの「抱きしめてジルバ」などが有名でしょうか。


これは Wham! の名曲「 Careless Whisper 」でしたね。
この他にも色々とあって、椎名恵さんの
「今夜はANGEL」もありました。

80年代半ば辺りからはマドンナさん、マイケルジャクソンさん、 Wham! 、
Duran Duran (他多数)などが有線などを賑わせていました。

このように、翻訳した曲がたくさんリリースされていました。

4.荻野目洋子さんの経歴について

お姉さんは女優さんの荻野目慶子さんで有名ですよね。
荻野目さんは4人兄弟の末っ子です。
他にお姉さん(慶子さんも含む2人、お兄さんもおられます)

慶子さんは現在女優業を引退されています。

1978年に「ちびっこ歌まねベストテン」でスカウトされて、芸能界デビューしました。
この頃、荻野目さんは小学校4年でした。

それを機に小学生ユニット「ミルク」を結成。
小畑和美さん(ミミ)、荻野目洋子さん(ルミ)、大森絹子さん(クミ)で
レコード2枚を出します。

デビュー翌年に2枚のシングルを出した頃に「ミルク」は自然消滅しています。

1983年、大人気だったアニメ「みゆき」のヒロイン役にも
抜擢されています。
うーん…このアニメ観てましたが、結構浮いてました(^-^;

1984年にデビュー曲「未来航海-Sailing-」をリリース。

1985年、大人気だったドラマシリーズ「わが子よⅤ」のエンディング
「心のままに〜I'm just a lady〜」も歌ってました。

このドラマ観てたし、歌も好きでした。
名曲だったと今でも思います。

2001年、テニスプレーヤーの辻野隆三さんと結婚して
育児に専念し、芸能活動を休止していました。

お子さんが3人います。
最近の写真も見ましたが、昔と殆ど変わってないのが凄いです!

「ダンシング・ヒーロー」のリバイバルヒットの影響で
復帰されました。
人生、何が起こるか分かりませんよね(^-^;

☆こぼれ話

あれ?大森絹子さんは「小学生ユニット・ミルク」の頃から活動されてたんですね!
のちにOVA「バブルガム・クライシス」の主人公プリス役と
主題歌も担当され、その後バンド「silk」を結成、アニメ「絶対無敵!ライジンオー」の
主題歌も歌っておられました。
現在はどうしておられるのか気になるところです。

5.おすすめ名曲を紹介!

私は「ダンシング・ヒーロー」からノリのいい曲が
次々と出てた頃が好きでしたね。

実はベストアルバムも持ってます。

ゴールデン☆ベスト 荻野目洋子/CD/VICL-63418posted with カエレバ

「Dance Beatは夜明けまで」(1986)

「六本木純情派」(1986)

「湾岸太陽族」(1987)

この3曲はカッコいいから大好きです。
たまにカラオケで歌いますよ(笑)

6.まとめ

今回、この記事を書くにあたって、色々と調べて来ましたが
荻野目さんは本当の意味での実力派シンガーでしたね。

小学校の頃から才能が見いだされたのは凄いです!

デビュー当時からずば抜けて歌が上手かったのは、小学生時代から
やってたユニットミルクからの経歴があったからだったんですね。

荻野目さんは、「バブリーダンス」を見ていたく気に入り
新しく再録されたPVでダンス部風の演出になっています。

やはり名曲はいつの時代でも評価されるので、奥が深いですよね。

また、面白い話題を見つけたら記事にしていきます!

-80年代, J-POP, 歌謡曲, 洋楽, 音楽
-

Copyright© エンタメ雑貨店 , 2020 All Rights Reserved.