漫画、アニメ、音楽、映画ブログ(70年代~90年代中心)お勧め作品を紹介!

エンタメ雑貨店

80年代 90年代 J-POP 音楽

【ファン必見!】サザンオールスターズついにサブスク解禁!お勧め曲などを紹介します。

更新日:

先日のL'Arc-en-Cielに続き、ついに12月20日にサザンオールスターズも解禁しました。長らくサブスク解禁が待たれていたアーティストだけに嬉しいですね。
私は80年代までのサザンが大好きだったので、80年代中心で
書いておきたいと思います。すみません、最近のは疎いんです(^-^;

※サブスクとはサブスクリプションの略でネット配信のAmazonmusic、
Spotify、applemusicなどを指します。

 

 

 

 

 

1.サザンオールスターズについて

1978年に「勝手にシンドバッド」で鮮烈なデビューを飾ったサザンは
もう40年以上もロックバンドの頂点にいます。

「今何時?」が途中で台詞が入るという演出は型破りでしたね。
全く新しいバンドの誕生でした。

この当時まだ小学校低学年だった私は、すでにこの「今何時?」が
クラス中で流行ってました(笑)
大人から子供までが大ウケだったのです。

サザンオールスターズの前の名前は「温泉あんまももひきバンド」も有名ですが
何度か名前を変えて桑田さんはバンド活動をしていました。

元々コミックバンドで活躍していたので、個性的な名前が目立ってました。

1975年頃青山学院大学在学中だった桑田さんは、「Better Days」という
音楽サークルで活動後、温泉あんまももひきバンド→ピストン桑田とシリンダーズ
→ピストン桑田と脳卒中→桑田佳祐とヒッチコック劇場へ名前を変えます。

このネーミングセンスはビートたけしさんを彷彿とさせます(笑)
ふざけすぎたネーミングでしたが、それが過ぎたようで
サザンオールスターズに落ち着きました。

温泉あんまももひきバンドはもったいない気もします(;^_^A

1982年のライブで、桑田さんとキーボード担当の原由子さんがご結婚を
報告します。

その後、1985年から原由子さんが産休のためしばらくサザンを
お休みします。

原由子さんがお休みの間、交友関係がある音楽仲間と
サザンの最高傑作アルバムである「KAMAKURA」を発表。

1986年から期間限定で出来たKUWATA BANDを結成。
ここでも「BAN BAN BAN」など大ヒットを飛ばします。

1988年頃からまた再びサザンオールスターズが復活します。
それから現在に至ります。

2. サブスクが待たれる他のアーティスト

長い間頑なにサブスク解禁しなかったサザンですが、
これは高確率で他のバンドにも影響を与えると思います。

私は他にサブスクを待ち望まれているのは「B`z」だと思います。
かなりの大多数の方が待ってるのが想像できます。

意外な事に他にもサブスク解禁がまだなアーティストさんがいます。
郷ひろみさん、中山美穂さん、小泉今日子さんです。
B`zさえ解禁すすれば、時間の問題でしょうね。

3.個人的には80年代は名曲ぞろいだったので
お勧め曲やアルバム

お勧めの曲は、80年代前半~後半辺りが良いですね。

「匂艶 THE NIGHT CLUB」(にじいろ ザ・ナイト・クラブ)」(1982)
個人的にはこれがサザンのシングル最高傑作だと思います。

詩や曲は桑田節が最高に炸裂しています!

オリジナルが無かったので、歌ってみたシリーズでお送りします。

「海」(1984)

オリジナルが載せれなかったので、歌ってみたシリーズでお送りします。

ロマンチックな曲と言えばこれでしょう。
サザンの曲ってあんまり古臭く感じないんですよね。
不思議です。

「夕日に別れを告げて」(1985)

名アルバム「KAMAKURA」で人気が高い曲です。
卒業をテーマにしているので、卒業式でこれを流すと
感慨深いと思います。

「みんなのうた」(1988)
サザン復活記念の歌です。
これもサザンらしく元気が出る曲ですね。

他にも名曲がありますが、YouTubeのライブ映像が少ないので
動画は今のところこれだけになります。

おススメのアルバムは、先程書いてた
「KAMAKURA」や「海のYaah!」「人気者でいこう」です。

「海のYaah!」はベストアルバムですが、選曲がとても素晴らしいです。

「KAMAKURA」や「人気者でいこう」はまさに桑田さんの才能が炸裂していた時期のアルバムなので奇跡としか言い様のない曲が揃ってます。

4.KUWATA BANDも解禁しています!こちらも外せません!

KUWATA BANDは1986年の一年間だけ活動していたバンドです。
シングルはたったの4曲しかありません。
アルバムは一枚だけで「NIPPON NO ROCK BAND」を発表して
当時始まったばっかりの「さんまのまんま」で明石家さんまさんに
レコードも差し上げてました。

このアルバムは当時にしては異例で、全曲英語歌詞で
洋楽風でした。
元々英語に堪能な桑田さんだから出来た事でしょうね。

おすすめはやはり

「BAN BAN BAN」(1986)

https://youtu.be/MNZQh0ALE_k

「スキップ・ビート」(1986)

※ オリジナルが無かったので(すみません)Superflyさんのデビュー前の歌声をお聴きください。

5.90年代以降のサザンや桑田さんソロの名曲

ベタですが(笑)ソロの歌です。

「白い恋人たち」(2002)(一部だけです)

悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)(1987)

この2曲は超名曲だと思います。

90年代の曲の中では「エロティカ・セブン」(1995)

この曲は80年代のサザンを彷彿とさせているので、嬉しかったですね。

6.まとめ

サブスクがサザンにも来るなんて思ってもみませんでした。
とっくの昔に諦めていて、CD買ったりPCに取り込んだりして
集めてたんですが、未購入のアルバムもあるのでこの機会に
聴いてみたいですね。

サザンはシングルも素晴らしいんですけど、アルバムも良いんですよ。
私はシングル派よりもアルバム派なので、嬉しい限りです。

デビューから40年以上も経っているのに、全く古くないし
そこは桑田さんの才能があるからですよね。

Amazon Music UnlimitedはAmazonprimeの会員の方が
お得で月額780円で聴き放題になります。
あれ?いつの間にか安くなりましたね。
以前まで1080円だったんですよ。

またサブスク解禁のアーティストさんが出たら紹介します!

KAMAKURA/CD/VICL-63308posted with カエレバ

海のYeah!!/CD/VICL-60227posted with カエレバ

人気者で行こう/CD/VICL-63307posted with カエレバ

NIPPON NO ROCK BAND/CD/VICL-60801posted with カエレバ

-80年代, 90年代, J-POP, 音楽
-

Copyright© エンタメ雑貨店 , 2021 All Rights Reserved.