漫画、アニメ、音楽、映画ブログ(70年代~90年代中心)お勧め作品を紹介!

エンタメ雑貨店

90年代 J-POP 令和 音楽

【アラフィフでも響く!】現在でも魅了する椎名林檎さんの魅力について

投稿日:

今頃になってハマってしまいました(笑)長らく敬遠してましたが
久し振りに聴いてみるとその素晴らしさを発見して、最近では
ブログのBGMにしています。

椎名林檎さんの誕生日は私と同じ誕生日
(もちろん年はだいぶ違いますよ)だったこともあり
デビュー時から気にかけてたんですよ。
おすすめの曲や、詳しいプロフィールを紹介します。

 

 

 

 

 

 

1.椎名林檎さんの生い立ち

1978年11月25日生まれで現在41歳ですが、とても若々しいし
カッコいい方ですよね。
1978年って私はバリバリ記憶がありますよ(-_-;)
テレビでピンクレディーが流れまくっている時に
生まれたんでしょうね。

が、その時に先天性食道閉鎖症を発症してしまい、本当に危ないところまで
いきましたが、奇跡的に生還したそうです。
それを聞かされた椎名さんは、「生」への執着が強いとご自身でもおっしゃってました。

デビュー当時から知ってますが
美人シンガーソングライターとしてもう20年以上も
活躍しているのは凄いです。

しかも2人のお子さんもおられ、お母さんでも
あるんですよね。こんなカッコいいお母さんはめったに居ませんよ(^-^;

椎名さんは学生時代に2度も引っ越しています。
埼玉→静岡→福岡と転勤族だったんですね。

外資系の石油会社に勤めるお父さんの事情でそうなったそうです。
2度も引越ししたのは大変だったと思います。
私も学生時代に2度も引っ越ししたので良く分かります。

この影響のためか、中学時代は学校になじめなくなり
引きこもってたそうです。
幼少時はピアノやバレエまで習ってたそうなので、あのスタイルの良さと
音楽の才能はここで育まれたんでしょうね。

高校時代の頃に赤ちゃんの時に発症した
先天性食道閉鎖症の手術の影響で左右の力が均等に出せなくなり
あえなくピアノとバレエを断念します。

元々音楽が好きだったのもあり、軽音楽部に入りバンド活動を
開始します。この時にはいくつかのバンドを掛け持ちしていたそうです。

高校2年の頃に「第9回 TEENS' MUSIC FESTIVAL」に出場して
奨励賞を取ります。
この時に優勝したのはaikoさんでした。
これがきっかけでデビューの話が持ち上がりますが、レコード会社の
スタッフと衝突してしまい、思い悩んでいた時期があったそうです。

この時に知り合いのつてで、イギリスへホームステイを3か月程経て
日本でのデビューを決意して帰国します。

ここから伝説が始まりました!

2.椎名林檎さんの魅力

デビュー当時から知ってましたが、私はとてもカッコいい方だと思います。
最初の全盛期は90年代終わりごろから00年代初めごろまでは
とても個性的な曲をリリースして周囲を驚かせました。

デビューアルバム「無罪モラトリアム」は裁判の判決が出た瞬間を
再現してアルバムのジャケットにしていました。

これはレンタル屋さんで良い意味で目立ってました(笑)

セカンドアルバム「勝訴ストリップ」は前作とは全く違う
少女漫画路線のジャケットでこれも強烈でした。
インパクトだけでも凄いセンスですよね。

こんな個性的なジャケットはなかなか無いですよね。

椎名さんは2度の結婚歴があり、自由な恋愛をされている方ですよね。
美人なので、それは頷けますがここまでやっていると
バッシングが凄いのですが、世間で悪い噂は聞いた事がありません。

これは椎名さんが自分に正直で、とても魅力的な事が証明されていますね。
これまで無かった日本の女性の生き様を象徴する方です。

そういう点では日本人離れしているのもカッコ良く映りますよね。
先月にベストアルバムが出た際に、関jamでインタビューがありましたが
「殿方は黙ってて」とピシャリと言ったところも話題になりました。

「女の子のたちの人生のサントラになって欲しい」
ここまで大胆に女性の心情を描いたアーティストはいないんじゃないでしょうか。

3.有名アーティストとのコラボ曲おすすめ

椎名林檎さんは色々な有名アーティストさんとコラボしています。
しかも、超実力派の方ばっかりというのも凄いですよね。

どれも凄いのですが、特に凄いのはエレファントカシマシの
宮本浩次さんとのコラボでしょうか。

宮本さんは声楽出身というももあり、物凄い声量を披露してくれます。
この歌の早口部分もサラリと歌うところは、感動すら覚えます。
オーバーなパフォーマンスも見どころです(笑)

「獣ゆく細道」(2018)

他にウルフルズのトータス松本さんともコラボしています。
こちらはミュージカル風の歌ですが、トータス松本さんの大人の魅力満載で
カッコいいですよ。

「目抜き通り」(2017)

4.おすすめの曲&PV

「人生は夢だらけ」(2017)

この曲がハマったきっかけです。
まさに椎名さんの生き様とも取れる曲ですよね。
歌詞が素晴らしいし、元気が出る曲です。

「歌舞伎町の女王」(1998)

今では殆ど見かけない物語調の曲です。
私はこういう物語調の曲が大好きなんですよ。
この歌詞がリアル過ぎて、椎名林檎さんはお水出身?という噂も流れたほどです(笑)

「正しい街」(1999)

デモテープでこの完成度はすごいです!

どこか哀しさを感じさせる曲です。
若さゆえのわだかまりがサビの部分で強烈に刺さりますね。

私、何かしたっけ?と思ってしまいます(笑)

5.まとめ

まだまだ私は椎名林檎さん初心者なので、曲について詳しく語るのは
まだ先の話になりますが、とても魅力的なアーティストという事は分かります。

特にアラフィフの方にはやはり「人生は夢だらけ」をおすすめしたいですね。

AmazonmusicのUnlimitedでシングル、アルバムなど全曲聴けてしまいます。
個性的な曲をお探しの方にはうってつけですよ!。
聴いた事が無い曲のオンパレードで、全く耳を飽きさせないのが凄いです。

もう少しアルバムを聴きこんだらまた書きたいと思います。

ニュートンの林檎 ~初めてのベスト盤~(初回生産限定盤)/CD/UPCH-29348posted with カエレバ

-90年代, J-POP, 令和, 音楽
-

Copyright© エンタメ雑貨店 , 2021 All Rights Reserved.