スポンサーリンク

秋本治先生紫綬褒章受章、萩尾望都先生文化功労者に選定おめでとうございます個人的に好きな作品を紹介します。

最近、大御所漫画家さんである萩尾望都先生と秋本治先生お2人の受賞が
決まりましたね!お祝いと応援も兼ねて好きな作品などを
紹介していきたいと思います。

1.秋本治先生について

言わずと知れた大御所漫画家さんですね。
40年もの間週刊少年ジャンプで一度も休むことが無く
連載を続けたという偉業をこなした方です。

テレビアニメ「こちら葛飾区亀有公園前派出所~THE FINAL 両津勘吉最後の日~」PV #Kochi Kame #Japanese Anime

その物凄いバイタリティーは他の漫画家さんにも
多大な影響を受けました。
あの「ジョジョ」で有名な荒木飛呂彦先生もライフスタイルを秋本先生のやり方を参考にしたそうです。

40年も連載を続けていたら、ネタ切れや体調不良などで
原稿が間に合わなくなるケースが良くありますが、
秋本先生はその時のための原稿のストックをたくさん作っておき
その場合に備えてたそうですよ。
どんだけ筆が早いんですか(^-^;

秋本先生のライフスタイルは多くの漫画家さんのやり方ではなく
徹夜はしないで昼間だけ働き、きっちりとスケジュールを決めて
取材旅行もこなす方です。いやあ、
かなりストイックな方ですよね。

「こち亀」の両さんはとても過激なキャラクターですが
秋本先生は全く正反対のルックスです。とても温和な方に見えるから不思議です。

これはかなり有名なエピソードですが、元々はこの秋本先生の
事に関しては昔出た「KAMEDAS」という分厚い本に載ってました。

秋本先生はデビュー直前までは、「愛と誠」の作画担当の
ながやす巧先生のファンでひたすら模写して画力を磨いてました。

確かにながやす先生は当時から大変な画力の持ち主で有名ですよね。
今の絵柄では想像も付きませんが、最初はそうだったんです。

その後「がきデカ」で有名な山上たつひこ先生の影響も受けます。
「こち亀」の初期の絵柄では確かに似ていますよね。
秋本先生は山上たつひこ先生の大ファンでもあったので
「こち亀」の1巻だけの作者名は「山止たつひこ」と言う名前になっています。

この「山止たつひこ」名義の単行本は大変なプレミアもので、高値が付けられています。

※ 「こち亀」のアニメはu-nextのみで観れます!

こちら葛飾区亀有公園前派出所 1 /集英社/秋本治posted with カエレバ

Kamedas /集英社/秋本治posted with カエレバ

こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE~勝どき橋を封鎖せよ!~ Blu-ray 豪華版/Blu-ray Disc/TCBD-0050posted with カエレバ

2.萩尾望都先生について

今ではすっかり少女漫画界の大御所ですよね。
一条ゆかり先生などの24年組の中の漫画家さんです。

萩尾望都先生 アトリエ訪問

その24年組のメンバーでもある竹宮惠子先生とも親交があり
同居もしたことがあったくらい親しかったそうですよ。

私は秋本治先生程萩尾望都先生を知らないので
ちょいとWikipediaで調べて来ました(^-^;

萩尾先生は2歳の頃から絵の才能があり、家族の絵を
描いたところ、親御さんがとても驚かれたそうです。
この才能が認められたのか、小学校時代に油絵も習ってたそうです。

確かに萩尾先生は初期の頃から画力が高かったように思います。
「ときめきトゥナイト」で有名な池野恋先生が最も尊敬している
漫画家さんが萩尾望都先生だったので、私も本を買ってみて
読んでみた事があったんです。

その本はSF漫画「スター・レッド」でした。
火星人の盲目でありながら、超能力者という設定の美少女セイの
物語です。
名作らしいのですが、少々お話が難解で入り込めませんでした。

でも、この当時の絵は大変魅力的だったのです。
70年代後半辺りまでの少女漫画の絵はお目目キラキラでしたが
萩尾先生の絵柄は線が少なく、あっさりとした見やすい絵柄でした。
「ポーの一族」(私はこっちの方が好きです)の頃も
あっさりとした絵柄でかえっていい雰囲気を出してたので
魅力的な漫画になってました。

この当時70年代は少女漫画でSFはご法度だったので、こういった
SFものは描かせてくれませんでしたが、竹宮先生もそれは同じで
描かせてもらえるまで、交渉を何度もしたりして
ご苦労もあったそうです。
その結果好きに描かせてもらえるようになり、
編集者の山本順也さんに
「自由にわがままに思い切り描かせたい」と言わしめるようになります。

このエピソードは竹宮惠子先生のエッセイ&Wikipediaに載ってました。

少年の名はジルベ-ル /小学館/竹宮恵子posted with カエレバ

この2人の先生のおかげで、のちの少女漫画でもSFなどが読めるようになったし
偉大な功績が残せましたよね。
SF好きとして大いに応援していきたいです。

また、萩尾先生の親御さんは漫画に関しては否定的で
長年ご苦労もあった事は私もとても共感しました。
私の親も否定的で、絵を描くのも描き辛かったので
友人の家やら行って描いてた時期もありました(^-^;

まだコミケも無かった時代に同人誌も作ってた事もあったそうで
行動力が凄いですよね。

80年代ごろから写実的な絵になり、どんどん進化して来てますよね。
今年で画業50周年だそうですが、まだまだ頑張って頂きたいですね。

スタ-・レッド /小学館/萩尾望都posted with カエレバ

3.秋本治先生の個人的に好きな作品やこち亀のお気に入りエピソード

「こち亀」で有名な秋本先生ですが、この連載も続けつつ
読み切り漫画なども描いてたんですよね。

「Mr.Chris」(ミスタークリス)という漫画が面白かったです。

この漫画の設定はとても斬新でびっくりしましたよ(笑)
敏腕刑事だった刑事が重傷した時に、女性の脳に移植してしまいます。
そんな体になってしまった主人公繰巣 陣(くりす じん)

体は女性で、心は男性と言う複雑な事情を背負ってしまいます。
戸惑ってしまうところはギャグになってしまいますが、それもまた面白かったです。
見た目は「こち亀」の麗子さんそっくりです(^-^;

Mr.Clice こちら葛飾区亀有公園前派出所連載40周年 1 /集英社/秋本治posted with カエレバ

「こち亀」のお気に入りエピソードは…

「こち亀」が好きな人大多数の人から聞きますが
やはりギャグが過激だった80年代までが面白かったと聞きますね。

その頃は歯医者さんに通ってたんですよ。
その時の待ち時間に良くジャンプを読んでたんですが、
一つだけ強烈なエピソードがありました。

中川さんの父親中川龍一郎さんのエピソードが凄かったです(笑)
一度しか読んでない上に30年も経ってるのに、覚えてるんですよ。

龍一郎さんはスーパービジネスマンで、秒刻みに仕事をしていて
物凄く忙しい人でした。
十数年後までスケジュールが決まっており、中川さんには数年に一度くらいしか会えない状態でした。
3日に5分しか寝れないと言う忙しさだそうです。

この頃はリゲインのCMが流行ってた時期だったのかもしれません。
「24時間働けますか」というキャッチフレーズでしたが、
龍一郎さんは
72時間働けますかと言ってました。ヤバいでしょ?これは(-_-;)
これが強烈過ぎて、今でも私の記憶に刻まれています(笑)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 69 /集英社/秋本治posted with カエレバ

4.萩尾望都先生の個人的に好きな作品

上にも書いてたんですが、やはり「ポーの一族」ですね。
これは名作とも言われていますよね。

この漫画は大分昔に友人から借りてたので、最終巻までは
読んでなかったんですよ。
これも買い直してじっくり読みたいですね。

私はこの漫画はストーリーではなく
雰囲気で読む漫画だと思ってます。
それほど雰囲気が良い漫画でした。

元々私はヴァンパイアものが大好きで、色々読んでましたが
BL風味を匂わせながら、幻想的に描かれている漫画は珍しいんじゃないでしょうか?
しかも70年代に!凄過ぎますよね、時代を先取りし過ぎていた漫画です。

主人公の2人アランとエドガーはどうなっていくのか?
とても気になる漫画ですよね!

ポーの一族プレミアムエディション 上巻 /小学館/萩尾望都posted with カエレバ

5.まとめ

漫画界を代表するお2人の事を語ってみました。
とても偉大過ぎる漫画家さんなので、作品は後世にも残っていくでしょう。

最近は漫画家さんが賞を受賞される方が増えてきていると言う事は、
漫画と言うメディアが認知されてきている事ですよね。

これからも漫画の発展を願ってやみません!
また、偉大な漫画家さんの事を語ってみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする