漫画、アニメ、音楽、映画ブログ(70年代~90年代中心)お勧め作品を紹介!

エンタメ雑貨店

70年代 ネット配信 映画 洋画

ジョーズ再上映を観て来ました!迫力があってとても良かったです。名作の魅力をお伝えします。

更新日:

たまたま機会があって、観に行ってきました。
ちゃんと観たのは2回目ですね。
リアルタイムではさすがに観てなかったんですが、10年ほど前に
ケーブルテレビのムービープラスで観たらあまりの名作っぷりにぶったまげました。
これは観た後味が良い意味で凄いですよ~

1.公開当初の75年はサメのパニック映画はまだ無かった!その影響で大ヒット!
 日本でも大人気でした。その思い出など

この当時私はまだ小さかったのであんまり覚えてないんですが
ポスターがかなり怖かったんですよね。
うちの親が行ってた美容院の近くに
田舎独特の小さな駅があって、そこにポスターが貼ってました。(多分公開直前の頃)
強烈過ぎて、直視できなかったくらい怖がってました(笑)

ポスターは大変有名なので、知っておられる方はたくさんいると思います。
ポスター上部にお姉さんが泳いている絵があって、その真下にサメの顔がドーン!と描いてありますよね。
あのセンスと分かりやすさにかけては天才過ぎると思います。
このイラストレーターさんはどなたなんでしょうね?

70年代もパニック映画はたくさん公開されていますが
この75年当時は一本も出てなかったんですよね。
これに気付いたスピルバーグ監督はやはり先見の明がありますよ。

あの「ジョーズ」のテーマ曲はテレビで今でも使われている事がありますが
80年代辺りまではもっと良く使われていました。

私が記憶に残っているのは。「クイズドレミファドン」のコーナーでした。
サメが襲ってくるような仕掛けがあって制限時間内にクイズに答えないと、
(フェイクの)サメが動き出すというものでした。
この間にあのテーマ曲が流れるんです。
ジョーズネタのコーナー好きだったんですが、番組自体が相当古いものなので
YouTubeには現存してないみたいです。

2.「ジョーズ」シリーズは全4作あります。私は3作目までは観ましたがどれが良かったのか?

1作目と2作目はテレビでちょくちょくやってましたね。
80年代辺りまではやってたと思います。
小学校の頃、良く観てた覚えがあるんですがちゃんと観てなかったんです。
でも、これだけは覚えてます。「1作目はかなり面白かった」
「2作目は普通だったけど、駄作ではない。」

3作目…これ中学の頃やってたんですが当時まだ珍しかった
「3D」に惹かれ、友達を何とか誘ってわざわざ
大阪難波の(今ではとっくに無い)敷島会館まで観に行きました。
かなり迷った挙句どうにか辿り着き、やっと入った映画館。

映画館に入る際に渡されたのは、紙製のメガネでした。
左右に赤と青のセロファンが貼ってあるショボい代物でした。

私はサメの顔のドアップが飛び出してくるものだと思って期待してました。
ところが…被害者の方の手のパーツが、私の席のななめ左辺りにぼんやりと
浮かんでいただけでした。特に迫力あるシーンは無かったです。
めがねを外して観るとぼやけた感じに見えましたね。
あれから30年以上の時が経ちましたが、3D技術は物凄い進化を遂げました。

「3」は世間では無かった事にされています。
だって面白かった記憶が無いんですから(^-^;

3.リアル過ぎた市長と島民や遊泳客の関係について

この映画の序盤は本当にイライラさせられますね。
無知とは恐ろしいものだというメッセージが伝わってくるようです。
舞台はアメリカ東海岸のアミティ島です。
ここはのどかな田舎町ですね。

そんな平和だったアミティ島にサメが暴れると言う事件が起こります。
通常ならここで遊泳禁止となりますが
市長は町おこしに必死で、なかなか遊泳禁止にしてくれません。
なかなか頑固な人です。

ジョーズシリーズのお決まりのパターンなんですが、序盤にカップルが出てくるんですよね。この人たちが高確率でサメに襲われます。

「ジョーズ」の主人公ブロディは、町の警察署長です。
このブロディは島の異変にいち早く気付き、市長に何度も交渉しますが
うまくいきません。
そうしているうちに犠牲者が増えていきます。
さすがにここまで来ると首を振ってるわけにはいかず、しぶしぶサインをします。
日本でも町おこしに必死過ぎて、肝心な事に耳を貸さない人は
たくさんいるでしょうね。

この市長ボーンは無知だったからこうなってしまったとも推測できます。

4.(ネタバレ)サメハンターチーム
漢たちの熱い闘い!

「ジョーズ」の見どころは何といっても後半のサメとの闘いです。
警察署長ブロディ、海洋学者フーパー、漁師でありサメハンターでもある
クイント3人でサメに闘いを挑みます。

これがかなり熱いんですよね。
緊迫感が凄くて、一時も目を離せません。

3人の中での最年長はクイントですが、このクイントは
かなりの頑固&偏屈者でオレ様主義者です。
当然こんな性格ですから3人仲良くは出来ません。

かなり癖が強い人ですが、次第に良い面も出てきて
決戦前夜に酒盛りをします。

この辺がとても人気が高いです。
私もフーパーとクイントの武勇伝合戦は大変面白いので大好きですね。
これで仲良くなるきっかけになるんですよ。

だんだんと船がボロボロになりながらも、サメに挑む姿は凄いです。
サメを仕留めるためにあの手、この手を使いますが失敗続きでした。
フーパーを網に入れて毒針銃を撃とうとしたけど失敗!
網をサメの体当たりで壊され命からがら逃げだします。

いよいよ船の原型が無くなるかける時にブロディは無線連絡をしようとしますが
これをクイントに壊されてしまいます。
この瞬間に「そんな事やってる場合じゃない」と言いたかったんでしょうね。

ここまで来るのに何度も攻撃していますが、全然弱らないサメは生命力強過ぎます。
この後にまさかのクイントがサメに襲われてしまいます。
最初観た時はびっくりしましたよ。
一番強そうな人だったのに…

結局生き残ったのは2人でしたね。
2人仲良く樽に捕まりながら岸辺へと帰っていきます。

ここであっさりと終ります。
昔の映画ってあっさり終わるからびっくりしますよ(笑)

関係ない話ですが、ブロディ役の(故)ロイ・シャイダーさんは
(故)やしきたかじんさんに似てますよね(^-^;
顔のりんかくと横顔が特にそっくりですよ!

5まとめ

「ジョーズ」は本当に素晴らしい映画でした。
他にもサメのパニック映画はたくさん作られていますが「ジョーズ」を
超えた作品は一本もないそうです。

スピルバーグ監督映画は主に「家族愛」がテーマの作品が多いですが
「ジョーズ」は漢の友情になってますので、珍しい作品ですよね。

「ジョーズ」1作目だけでしたら、U-NEXTで観れます!
(2019年夏現在)

-70年代, ネット配信, 映画, 洋画
-

Copyright© エンタメ雑貨店 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.