スポンサーリンク

遅ればせながら「トイ・ストーリー4」を観て来ました。賛否両論ありましたが私は良かったと思いますよ。まだの方はぜひ!おすすめですよ。

今回も大ヒットを記録した「トイ・ストーリー4」9月になった今でもロングラン上映しています。私は他に「3」だけしか観てなかったんですが、楽しめましたよ。
最後は意外な展開で、賛否両論が繰り広げられたそうですが、あなたはどうでしたか?

 

1.「トイ・ストーリー4」観るなら今ですよ!もうすぐ上映が終わりそうなので、映画館へGO!

「トイ・ストーリー4」日本版予告

夏休みが終わり、映画館が空いてきました。
空いてる映画館ファンの皆様、今が旬です。待ってた甲斐がありました!
私はこれを狙って8月はあまり観に行きませんでした。
アニメ映画(特にファミリー向けの作品など)は親子連れが多く館内は
賑やかな雰囲気になり、映画に集中できなかった思い出が「3」でありました。
この時、ファミリー向けのアニメ映画は長期休みが終わってから行こうと
心に誓ったんですよ(笑)

でも、もうそろそろ秋の映画に切り替わろうとしているので
気を付けないといけません。
映画が終わる前兆は一日一回しかやってない、もしくは午前中しかやってない映画館が
増えてきたらヤバいですよ。。
これは出来るだけ早く行った方が良いです。(経験者談)

2.本当にアニメの技術は凄まじいです!前作も表現されていたおもちゃの悲哀

日本のアニメ技術も素晴らしいんですが、アメリカのピクサーも負けてませんね。
トイ・ストーリーは全編フルCGアニメですが時々実写?と間違えそうになるシーンがたくさんありました。

凄いのは常に子供目線と言う事です。。
これを作ったのは本当に子ども好きなのが伺えます。
日本のおもちゃの移り変わりはここ40年程でかなり変わったと思いますが
やはり小さいお子さんは人形などのシンプルなおもちゃを好むんでしょうね。

現代はどうなってるか分かりませんが、メインキャラのボニーちゃんと自分を重ね合わせてしまいましたよ。
女の子だから人形を好むんでしょうけど、このボニーちゃんは自作するのが
好きみたいですね。私も大昔しょぼい人形用の服を作ってました。

背景なども言葉に言い表せられない位素晴らしかったですね。

おもちゃはずっと使われることはありません。
これはおもちゃ側にとっては悲しい現実でもあります。
大体人形などのおもちゃは小学校低学年までは好まれますが
だんだんとおもちゃからゲームに変わってしまいます。

これをおもちゃ側から見るとどうなるか?というのが
一貫したテーマじゃないでしょうか?

ある日おもちゃと子供の交流が無くなったら…
とても寂しい事ですよね。
別の人に譲り受けるか、捨てられるかのどちらかになってしまいます。
こういう時の子供は残酷なもので、突然「その日」は出てきてしまいます。
ここからお話を作った方は天才としか言えませんね。凄いと思います。

3.(ネタバレ注意)ウッディの生き様!最後に下した決断とは?

お話の中盤でかつてウッディの仲間だったポーと再会します。
人間でいえば恋人同士だった感じたんでしょうね。
最初の2作は観てないので、何とも言えないんですが強い絆を感じました。

途中で出てくる西洋人形ギャビーギャビーも悲しい運命を背負ってたんですね。
何十年も人間との交流が無かったって、想像もつきません。
最初はギャビーは味方?と思ったんですが根は悪い奴じゃないな?
と思ったけど、最後には寝返りました。
最後に気に入ってくれた女の子が出来て本当に良かったですね。

賛否両論が出たのは、ウッディとバズー達の別れでしょうか?
帰るべきところに帰れなかった事でしょうね。
これはウッディの自立かなと思います。
大好きなポーの元へ行ったのは素晴らしい事じゃないでしょうか?

日本人の考え方は「帰るべきところに帰る」と言うのが
多いんでしょうが、これは古い考え方だと思います。
帰るべきところへ帰る結末でも良かったと思いますが、これでは
物足りない終わり方になってしまうんじゃないかと思います。

これはかなり製作者さんも悩まれたかと思います。
あなたはどちらのウッディの生き様が好きですか?

4.まとめ

大ヒットしていただけあって、この映画もとても良かったと思います。
おそらくこれで本当の意味の「完結編」になってるでしょうね。
それにふさわしい作品だったと思います。
ピクサーさんが制作されたアニメは完成度がとても高く、ハッとさせられます。
また、ピクサーさん、素晴らしい作品を作ってくださいね。