スポンサーリンク

最近の曲には付いていけなくて困ってる方におすすめな曲を紹介します。

ここ15年位、名曲が少なくなったと思いませんか?



特に2000年代に入って日本のJ-POPはガラリと変わってしまいました。
洋楽っぽいラップやR&Bの曲が増えてきた影響もあるとも言われています。
久しぶりに80年代~90年代の曲を聴いてみたらキラキラして眩しいですよね(笑)

音楽番組もすっかり減り、たまにスペシャル番組でしか
放送しなくなってしまいました。
80年代くらい辺りまでは音楽番組は良くやっていましたね。

私が小さいうちから家で音楽番組が頻繁に流れていたので、
いつの間にか歌謡曲マニアになってしまいました。
それだけ音楽番組が多かったんですね。

私はアラフィフなんですが、「何でそんなに古い曲を知ってるの?」
とまで言われます(^-^;
私の記憶で一番古い曲は殿様キングスの「涙の操」(1973)ですからねぇ…
いや、まだ50代には突入はしてないんですよ。

なみだの操、殿さまキングス

「今の音楽は印象に残らない」と良く世間では言われてますが
いつからか、10代、20代の方からは
「70年代~80年代の曲の方が良い」とYouTubeのコメント欄で良く見かけます。あの時代の曲は今の時代に無い魅力を感じたんでしょうね。

80年代はじめ辺りまでは曲の長さは3分余りで、その中で物語が
繰り広げられた曲が多かったですね。
そんな短い時間の中で耳を楽しませてくれました。

私は今どきの曲は知ってるのは少なくて、
殆ど90年代で止まってます(^-^;
なので、あえて昔の曲を紹介します!

ベタですが、「ルビーの指輪」(1981)

ルビーの指環 寺尾 聰

3カ月もベストテンヒットチャート1位だったと言う
記録を出した名曲。
今でもその記録は破られてないそうです。
この年のレコード大賞はこの曲でした。

美しい言葉を紡ぎだす魔術師の様な才能を持つ、松本隆さん作詞です。
松本隆さんの詩は中学校の頃から大好きです。

寺尾さんのカッコイイ曲も今聴いても素敵です。
ずっと色褪せない素晴らしい曲です。

「たそがれ・マイラブ」(1978)大橋純子さん

たそがれマイ・ラブ 大橋純子

もう一人の天才作詞家(故)阿久悠さん作詞、筒美京平さん作曲です。
凄過ぎる面々です。
阿久さんももちろん凄いのですが、特に筒美京平さん!
大大ファンなんですよ!この方は70年代スタンダードな歌謡曲を
作っておられましたが時代に沿って80年代ではカッコイイPOP調の
曲も作れるマルチプレイヤーな一面もあります。
この才能は凄過ぎるので、もっと評価されても良い人ですよ。

筒美京平さんの代表的なカッコ良い曲
「仮面舞踏会」(1985)

少年隊 仮面舞踏会

「たそがれマイ・ラブ」は、とても美しい詩&シンガーの大橋さんの素晴らしい歌唱力で「耳の贅沢」をさせてくれます。

特に「しびれた指、すべり落ちたコーヒーカップ」のフレーズが
大好きです。

http://j-lyric.net/artist/a000427/l0053f7.html

引用元 j-lyric.net

「真夏の雨」REBECCA(1987)

レベッカ 真夏の雨

全盛期の頃のNOKKOさん。
パワフル過ぎる歌唱力で、魅了してくれます。
土橋安騎夫さん作曲ですが、曲がひたすら美しいのです。
曲とパワフルボイスが凄過ぎるので、その他の事は
どうでも良くなるくらい浸れます。

目をつむるとタイトル通りな情景が頭に浮かんできます。
天才2人の名曲をお聴きください!

「チェック・ポイント」(1986) 藤井一子さん

80年代 アイドル 藤井一子 チェックポイント 1986

藤井さんは当時は普通のアイドルだったので、歌唱力は言うと…
そこそこ上手だと思います。(エラソ)

これはアイドルドラマだった「夏・体験物語」の主題歌ですね。
昔このドラマ観てました。実は詩が素晴らしいのですよ。

来生えつこさん作詞です。
来生たかおさんのお姉さんですね。
この姉弟は本当に天才過ぎるのです!
(またそのうち特集組みます!)

縛られない自分でいいわ 縛られない自分でいたい

https://www.uta-net.com/song/67246/

引用元 歌ネット

このサビのフレーズ!今の時代にもぴったりだと思います。
どの曲も名曲なので、気に入って頂けたら嬉しいです!

まとめ

このようにストーリーが感じられる曲は
昔は結構あったんですよ。

まだまだ書き足りませんが、音楽シリーズは
近日中に書きますね!