漫画、アニメ、音楽、映画ブログ(70年代~90年代中心)お勧め作品を紹介!

エンタメ雑貨店

アニメ 懐かしアニメ 昭和アニメ

夏アニメの彼方のアストラは分かりやすくて面白い!他の作品で分かりやすいSFアニメを紹介します。

更新日:

今年の夏アニメは久々に豊作ですね。


ジャンプ原作アニメが大進撃していて
Dr.stoneや彼方のアストラなどの良作が
目白押しです。

春からのアニメの鬼滅の刃も見逃せません。

 

 

1.彼方のアストラの魅力について

おかげでずっと見ていたネット配信作品もストップしてしまいました(笑)

私は長年SFファンなんですが、どうも専門用語ばっかりで分かりにくいのが多くて、困ってたんですよね。
が、たまに分かりやすい作品に出会うことが
あります。

それが彼方のアストラなんです。

難しい専門用語は一切なくてストーリーに
重点をおいてます。
これが良かったんでしょうね。
スッと頭に入ってきます。

先が見えない展開で、誰が命の危険に晒されるような仕掛けを作った人は誰なのか
さっぱり見当がつきません。

意外な人だと睨んでるんですけどね。

彼方のアストラはアニメ放送が終わったら原作を購入しようと思います。

彼方のアストラ 1 /集英社/篠原健太posted with カエレバ

彼方のアストラ Blu-ray BOX 上巻/Blu-ray Disc/ZMAZ-13421posted with カエレバ

さてさて、分かりやすいSF作品を紹介したいと思います。

2.分かりやすいSF作品その1
「うる星やつら」(1981〜1985)

「境界のRINNE」で有名な高橋留美子さんの
出世作です。

分かりやすいSF作品の代名詞です。
ベタですけどね(笑)

異次元へ飛ばされたり、宇宙空間へ行ったりの
フルコースです。

しかも、あの難しい専門用語が無い❗️
とても素晴らしいです。

特に前半は今観てもハマる面白さです。

うる星やつら文庫版コミック(全18巻完結セット) /小学館/高橋留美子posted with カエレバ

TVアニメーション『うる星やつら』Blu-ray BOX1/Blu-ray Disc/1000383665posted with カエレバ

3.分かりやすいSF作品その2
「ドミニオン」(1988)

「攻殻機動隊」で一世を風靡した
士郎正宗さんの作品です。

士郎正宗さんの漫画はいくつか読みましたがどっぷりのSF作品なので、難解でした。まあ、攻殻機動隊のアニメは分かりやすくしてあると思います。「アップルシード」は難しかったですねぇ💦

しかし、この「ドミニオン」は異質で軽いコメディ作品です。

警察官レオナと宿敵ブアクとの終わりなき戦いです。この世界は深刻な環境汚染で困ってましたが、
解決策があるそうで、その秘密を握っているのは、
この宿敵ブアクなんです。

これにどう挑むか?という物語です。

単純明快なお話なので、おすすめです。

ドミニオン /青心社/士郎正宗posted with カエレバ

特捜戦車隊ドミニオン Vol.1/DVD/BCBA-1275posted with カエレバ

4.分かりやすいSF作品その3
「戦え!イクサー1」(1985〜1987)

OVA業界ではメジャーな作品です。

これは半分は特撮要素が入っているんですけどね。

この作品の監督さん平野俊弘さん
(現 俊貴)は元々は特撮マニアで特に
「人造人間キカイダー」のファンなんですよ。

イクサー1の宿敵イクサー2のモデルはハカイダーだそうです。

ハカイダーはキカイダーの宿敵で、とてもクールでカッコいいんです。

5.「イクサー1」の元ネタ作品
「人造人間キカイダー」(1972〜1974)

この作品は大ヒットしたそうで、キカイダー・ジローの兄に当たるイチロー・キカイダー01に
受け継がれます。

「イクサー1」は地球の危機を救いに来た少女です。人間に浸食して破壊を続ける宇宙の生物クトゥルフに侵略されています。

まだ平和が残っている日本に住む加納渚はある日、このクトゥルフに襲われかけます。

渚の家族にもクトゥルフの魔の手が⁉️

この事がきっかけで、イクサー1に出会い、

どうやって地球を救うか?というお話です。

85年の作品ですが、平野さんの絵の魅力は今でも磯褪せてません。独特の色気がいいんですよね。

B級感あふれる作品なので、賛否両論ありますが、私は良作と思ってます。

戦え!!イクサー1 Blu-ray BOX(初回限定版)/Blu-ray Disc/KIZX-90249posted with カエレバ

人造人間キカイダー Blu-ray BOX VOL.1/Blu-ray Disc/BSTD-08798posted with カエレバ

6. 分かりやすいSF作品その4
「エリアル」(1989〜1991)

(リンクからニコニコ動画で観れます。)

ゆるーいSFです。
私はOVAで気に入りました。

この作品の作者さんの笹本祐一さんはあの
「モーレツ宇宙海賊」の方です。

この作品を知ってる方は分かると思いますが
やはりエリアルにもあの独特の
ゆるい雰囲気はあります。

このゆるさが分かりやすいんです。

ある日、マッドサイエンティストのおじいさんが作った女性型ロボット「エリアル」を
孫娘3姉妹に託されます。

ほぼ無理やり託されたので、最初は嫌々やってましたが、やがて敵が現れ、戦うようになります。

宇宙から来た宿敵には実は情けない事情があって?というお話です。

今現在DVDは海外版しかないんです。

面白かったし、音楽はあの田中公平さんですよ。

ちゃんとメディア化してもらいたい作品ですね。
「モーレツ宇宙海賊」が大ヒットしたんだから
エリアルもしましょうよ!メーカーさん💦
…もし良かったらニコニコ動画で観てくださいね。

ARIEL 01 /朝日新聞出版/笹本祐一posted with カエレバ

(Blu-ray) モーレツ宇宙海賊(パイレーツ) 2 (13話26話収録) 北米版posted with カエレバ

7. まとめ

SFネタのイメージは難しそうと言うイメージですが
このように大変分かりやすく、しかも面白い作品も存在します。
紹介した作品は単純明快で軽い作品が殆どですので、
もし良かったら観てくださいね。

-アニメ, 懐かしアニメ, 昭和アニメ
-

Copyright© エンタメ雑貨店 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.