スポンサーリンク

鬱蒼とした気分からスカッと爽やかにしてくれる音楽3選!

最近はお天気が悪い日が多いですね。

天気が悪い日は気分が鬱蒼として気分をスカッとさせたいですね。
そんな時におすすめな曲を紹介します。

もくじ

1.T-SQUARE

2.PSY・S

3.角松敏生さん

4.まとめ

1.T-SQUARE

大ベテランのフュージョンバンドです。

かなり長い事聴いてないアーティストさんですが、全盛期だった頃は聴いてました。

80年代の後半頃にF1のテーマ曲だった「truth」を聴けばあっ‼︎と言うと思います。

F1 GP/T SQUARE TRUTH

今でもどこかで使われていますね。

F-1 GRAND PRIX/CD/VRCL-2025posted with カエレバ

80年代後半から90年辺りはとても素晴らしいアルバムを出されています。

その頃のアルバムも所持していますが、

今でも全く飽きる事無く聴いています。

90年を過ぎるとメンバーチェンジの影響で

曲調がガラリと変わってしまいました。

これが私には合わず、買うのを辞めてしまいました。うーん、残念ですが、今でも存続されているので、頑張って頂きたいですね。

私がお気に入りだった「travelers」(1984)

THE SQUARE CONCERT LIVE "ADVENTURES"(4-7)

ADVENTURES/CD/VRCL-2010posted with カエレバ

2.PSY.S(サイズ)

今ではもうとっくに解散してしまったバンドです。

1985年にデビュー、1996年に解散しています。

曲と楽器担当の松浦雅也さんとボーカル、作詞担当のCHAKAさんの2人ユニットバンドです。

今聴いても全く古さを感じさせない曲です。

それでいて、不思議と懐かしい気分になります。

作曲担当だった松浦さんは天才ですね。

有名どころでは、シティーハンター2の「angel night」です。(1988)

PSY・S「Angel Night」(松浦VSイマサ)

何と‼超豪華なバービーボーイズのいまみちともたかさんとの

セッションです。私はこのいまみちさんも天才だと思ってます。

ノンフィクション PSYS saizposted with カエレバ

これも素晴らしいんですが、好きになったきっかけは「lemonの勇気」でした。

これは人気漫画「TO-Y」のOVAアニメの

主題歌でした。

とても爽やかな曲なんですが、何故かジーンとしてしまう不思議な曲です。

lemonの勇気 (1987)

PSY・S – Lemonの勇気 (Live 1989)

ミント・エレクトリックposted with カエレバ

3.角松敏生さん

バブルを象徴するアーティストさんです。

歌詞や曲もキラキラしてて、眩しいくらいです(笑)

このアルバムは全曲インストゥルメンタルですが、ドライブにぴったりですよ‼

「SEA IS A LADY」(1987)

2曲目の「SHE’S LINE”RIE”」はJTのCMソングになりました。とっても爽やかな曲です。

JT MILD SEVEN menthol '87 – ♪ 角松敏生 「SEA LINE "RIE"」


このアルバムは全部女性の名前になってます。
中でも6曲目と9曲目、10曲目が好きですね。
特に9曲目と10曲目の繋ぎがとてもカッコ良いです。
「 OSHI-TAO-SHI…(伏せておきます)
“KAORI ASO” (MEMORIES OF DUSSELDORF)」
6曲目のタイトルが少しきわどいですが、これは
角松さんの遊び心でしょうね。

06 Toshiki Kadomatsu (角松敏生) OSHI TAO SHITAI "Kaori Aso" (Memories of Dusseldorf)

SEA IS A LADY/CD/BVCR-1526posted with カエレバ

4.まとめ

紹介した曲はYouTubeで一部聴けますが、
特にT-squareや、PSY.SはAmazon unlimitedで殆どのアルバムが聴けます。
アルバムの出来は名盤級ですので、ぜひ聞いてスカッとさせて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする