スポンサーリンク

何かと気になるマイナーアニメ3選

マイナーアニメと言えば心惹かれるものがあります。

マイナーアニメと言えば、作品の出来が良いのに
何故か埋もれてしまった作品が多数あります。
そんな気の毒な作品達に日の目を与えてあげたいですね。

「琴浦さん」(2013)

TVアニメ「琴浦さん」最新プロモーション映像

一時期ニコニコ動画では話題になった作品です。


作品はとても面白かったのに、今では全くネットの話題には出て来ません。
Blu-rayも持っています。
どうしてなんでしょうね?

この作品は一見ラブコメですが、1話だけ結構暗い表現があります。
最初の10分位ですが、急激にぱぁあああっと明るくなります。
このギャップが面白いんですよ。

多分、アニメ史上初!というほど衝撃的です‼

琴浦さんは人の心が読める超能力者です。
そんな力があるために琴浦さんは苦悩しますが、学校で
友達が出来る事で良い方向へ進みます。

上にも動画を載せていますが絵も可愛らしく
魅力的な絵なんですが、すっかり埋もれてしまってます。
原作も長編でもないので、おそらく第2期も無いでしょう。
面白いので、一部YouTubeにもあるので観てみてください。

琴浦さん 1 /マイクロマガジン社/えのきづposted with カエレバ

TVアニメーション「琴浦さん」その1【特装版】/Blu-ray Disc/VTZF-31posted with カエレバ

まじもじるるも」(2014)

Majimoji Rurumo Opening HD

この作品は「弱虫ペダル」で大人気になった
渡辺航さん原作です。


絵はとても可愛らしく、はっきり言って弱虫ペダルの女性キャラよりも魅力的です。

このアニメがやってた頃は、ちょうど「まどか☆マギカ」が
流行ってた頃でした。
それに便乗して作られたアニメだったんでしょうか?
間違いなくどちらも名作なんですが、これも知名度が
あまりにも低過ぎます。

どこか影があるキャラるるも。
この謎めいたキャラが織りなす物語です。
るるもは魔法少女です。

主人公柴木耕太はオカルトサークルに入っている高校生。
たまたま見つけた魔術書で魔女を召喚してしまいます。
その魔女がるるもです。

このるるもは規則違反で人間界に来てしまったので
禁固130年の刑を受ける事になってしまいますが
これを助ける柴木君。
一度るるもは魔界へ帰ってしまいますが、再び出会った時に
魔法が使えるチケットを柴木くんに渡されます。

このチケットが無くなる時、柴木くんは死んでしまう…‼
どうやったら死ななくて済むか⁉と言う物語です。


少し重い話ですが、基本ラブコメです。

出だしはどこかのギャルゲーのような展開ですが
さすが「弱虫ペダル」の作者さんです。
かなりしっかりしたストーリーです。
面白いのでおすすめですよ。

まじもじるるも-放課後の魔法中学生- 1 /講談社/渡辺航posted with カエレバ

まじもじるるも 1 【Blu-ray】/Blu-ray Disc/PCXG-50421posted with カエレバ

究極の究極‼
誰も知らないマイナーアニメ
「フーセンのドラ太郎」(1981)

フーセンのドラ太郎OP

私はネットを始めて20年以上経ちますが
長年に渡ってリサーチしてきました。

ここまでマイナーなアニメは無いでしょう。


ビデオ化はおろか、DVDにさえなっていないし
再放送もしていません。
(地方局は不明)
友人に聞いても知っている人はいませんでした。
私は少しだけ見た事があります。

このアニメは動物キャラになった
「男はつらいよ」の物語です。
全員猫になっています。
名作アニメのような絵柄です。

主題歌はひらけ!ポンキッキで使われていた
「一本でもにんじん」を歌っておられたなぎら健壱さんです。

放送時間は堂々とゴールデンタイムの土曜19時半~の放送でした。
監修は本家の山田洋次さんを起用しているのに、何でなんでしょうね?

絵が地味で、パッとしなかった。
元々動物アニメはヒットが難しい。

これに尽きるんじゃないでしょうか?

放送は4月から8月になっています。
全13話…って、今の放送しているアニメと同じくらいの長さですよね!
でも、この頃のアニメは30話以上が当たり前だったのです。

あっという間に終わったので、いつの間にか終わってた印象です。

少数派だと思いますが、この埋もれてしまった「フーセンのドラ太郎」の
DVD化を望んでいる方もいると思います。
たのみこむさんもなくなってしまった今、ぜひ実現化して欲しいですね。
じっくり見てみたいです。

4.まとめ

あんまり知られていない、または知名度が低いアニメを紹介してみました。
最後に紹介したアニメ「フーセンのドラ太郎」こそ幻のアニメだと思います。
「フーセンのドラ太郎」はもうあんまり覚えてませんが、他の2作品は面白かったのでおすすめしておきます。