漫画、アニメ、音楽、映画ブログ(70年代~90年代中心)お勧め作品を紹介!

エンタメ雑貨店

漫画

今でも大好きなおバカ漫画家さん3選

更新日:

すこーんと抜けたギャグ、または独特の個性的なギャグで
今でも熱烈なファンが多い漫画家さんを紹介します。
とても魅力的な漫画家さんですよ。

1. 安永航一郎先生

今では殆ど名前を見ない漫画家さんですが
この方は現在は同人界にいらっしゃいます。
実は同人誌を持っていますが、少し大人向けになってます。
おバカ炸裂なので、私は大好きですけどね。

長年表向きでの活動は無いですが、90年代辺りまでは
活躍されていました。
そのお気に入りの作品を紹介します。

巨乳ハンター

巨乳ハンタ- 右乳篇 /小学館/安永航一郎posted with カエレバ

私はこれでハマったんですけどね(笑)
胸が無いまさ子さんはある日、板東英次君に振られます。
この坂東くんはイケメンですが、胸が大きい人が好きだと告白します。
これに激高したまさ子さんは、自分で強化服を作り、夜な夜な
肉まんを胸に入れて変身して胸の「パイ拓」を取って憂さを晴らしていました。
このやりとりが最高なんですよ。

突き抜けるようなおバカさは癒されます‼

他にも色んなキャラが出て来ますが、全員有名人の名前を
もじってます。
全2巻ですので、お手軽に読めます。

陸軍中野予備校

陸軍中野予備校 1 /小学館/安永航一郎posted with カエレバ

いい加減な設定のいい加減な漫画(褒めてます)
でも、ギャグはしっかりしていますよ。

全6巻ですが、なかなか最終巻が出なくてファンの間では
話題になってたそうです。
その年月は4年もあって、当時では異例でした。
今ではしばしばありますが、80年代~90年代初めの漫画は
きっちり出ていて当たり前でしたからね。
どうして最終巻が出るのが遅くなったかと言うと
ページ数が足りなくて読み切りを入れて発売出来たんです。

濃い濃いキャラのオンパレードで、変な能力を持ったキャラ同士のゆるい戦いでしょうか?
こんなに個性的な漫画はなかなかないですよ。
説明を文字に起こすのは難しいんですが、あの独特の世界観はハマります(笑)

2. 中津賢也先生

ふんわり系おバカ漫画と言うとこの方の漫画です。
安永先生と同じかつて週刊少年サンデーで連載もされてました。
残念ながら数年前に引退されてますが、過去に残した作品の数々は今でも輝きが色褪せません。
私が好きだったのは、前期じゃなくて中期に当たる
「てっぺー参上」からです。
この作品はサンデーから角川書店の

「コミック コンプティーク」の
創刊当初から連載された作品です。

てっぺ-参上 中津賢也傑作集 /角川書店/中津賢也posted with カエレバ

ゆるい、ゆるいRPG漫画でした。


何とも言えない脱力感?魅力があってすぐにハマりました。
当時出ていた単行本も全部買いました。
ところが、数年後角川書店がひと騒動あって、この雑誌は無くなって、少年エースに

変わってしまいました。
少年エースになる時はコンプティークで活躍した漫画家さんは
ほとんどいなくなってたのです。

この時に角川書店から少年画報社に移籍しています。
ここでもゆるいおバカ漫画「桃色サバス」が連載されます。
ヤングキングで連載されてたので、少々お下品なところがありますが
私は好きでした。
これは12巻に渡る長編でしたが、私はこれが最高傑作と思ってます。
結構古い漫画ですが、ギャグとシリアスの入れ具合がちょうどいいんですよ。

桃色サバス 1 /少年画報社/中津賢也posted with カエレバ

少しマイナーな漫画家さんですが、私はもっと評価されても良い方だと
思ってます。
本当に素晴らしい漫画を描く方でした。
中津先生、本当にお疲れ様でした。

3.岡田あ~みん先生

少女漫画雑誌「りぼん」に咲くドクダミの花と
言われてた漫画家さんです。

この方もかなり昔に引退されていますが、あの強烈な作品を残した功績は
今でも私達の心に残っています。
小学校の頃は妹がいたので、様々な少女漫画を読みまわしてました。

「りぼん」「なかよし」「ひとみ」

「ちゃお」

その中でもいわゆる変わった漫画はまれにありました。
他に「なかよし」で連載されてた「モンモちゃん」
これも異色作でしたが、岡田あーみんさんの作品で物凄い勢いで
かき消されてしまいました。

少女漫画でかつて無かった荒々しい線で描かれた漫画でした。
いい意味でですよ。
「お父さんは心配性」の登場は斬新過ぎましたね。
単行本は全巻集めてて、最終巻だけ今でも残してます。

お父さんは心配性全4巻セットposted with カエレバ

お父さんは心配症 3 /集英社/岡田あ-みんposted with カエレバ

この3巻表紙です。「買うは一生の恥」

単行本のセリフが凄いんです。

お父さんは心配症 2 /集英社/岡田あ-みんposted with カエレバ

2巻表紙「さぁ、この本をレジまで持って行くんだ」

とかかなり強烈な言葉を表紙で訴えてます。
こんな表紙は後にも先にもありません。
本当にすべてが新し過ぎる漫画だったのです。

時代が早すぎたとも言われてますね。

少女漫画なのに、嘔吐したり、鼻血を出したり挙句の果てには
失禁も普通に出てくる漫画でした。

こんな強烈な漫画を描いてた岡田あ~みんさんは男性説も出ていましたが
実は美人漫画家さんだったのも強烈でした。

その後引退、ご結婚されて、旦那さんのお店を手伝っていると
ネットの噂で読みました。

当時中学生だった私たちを笑いの渦に巻き込んで、精神的にボロボロだった時もに
癒しを与えてくれたあ~みんさんには今でも感謝しています。

今でもあのギャグは通用すると思います。
下品でありながら、憎めないキャラ達は本当に魅力的でした。
手に取って読む事をおすすめします。

岡田先生、ありがとうございました。

4.まとめ

この漫画家さんたちを知っておられる方は分かると思いますが
一度読むとその独特な魅力に憑りつかれて思わず単行本を
集めてしまう程の破壊力を持っています。

個性が強過ぎて、ちょっと人を選ぶと思いますがたまには変わった漫画を
読んでみてはいかがでしょうか?

こちらもどうぞ!

今後注目したい漫画家さん3人を紹介します。

少女漫画の中にはたまに少女漫画らしくない作品が混じってます。昭和の漫画を中心に紹介!

面白いのになぜか知名度が低い?マイナー漫画3選

ヲタおすすめマイナー漫画第2弾!まだまだ面白いのを紹介します。

大人気アニメ鬼滅の刃!その人気の秘密とは?独自で考察してみます!

-漫画
-

Copyright© エンタメ雑貨店 , 2022 All Rights Reserved.