漫画、アニメ、音楽、映画ブログ(70年代~90年代中心)お勧め作品を紹介!

エンタメ雑貨店

はじめにお読みください 発達障害

精神科へのすすめ

更新日:

発達障害が分かって、もう15年以上経ちます。

私は2000年初め頃から、ずっと鬱病でしたが
あまり良くなりませんでした。


鬱病になったきっかけは、精神的にショックな事があったことでした。
薬を飲んでも副作用がキツく、3か月間位布団の中で過ごしてきました。
薬を変えるなどして、少しずつ回復してきましたが
やはりやる気が一向に出ないのです。

1.障害が分かったきっかけ

おかしいと思ってた矢先、妹のかかりつけの病院を
紹介されて行ってみたら「広汎性発達障害」と診断されました。
前々からテレビなどで「発達障害」は少しずつ紹介されてて
旦那の友人から疑いがあると言われてた事がありました。

診断されて、やはり納得いくものがありました。
全然他の人と同じレベルで出来ないんですから。
分かりやすく言うと。「異常にどんくさい」のです。

発達障害と言っても、色々なタイプが存在しますが
私の場合は、注意力散漫で、手先が不器用で細かい作業が出来ません、
やる事がトロく、要領が悪くミスが異常に多いのです。
他にもまだありますが、これだけ並べると社会不適合者ですよね。
前のブログに書きましたが、社会に出てからは大変苦労しました。

今では昔に比べ、世間ではかなり認知されています。
障害者のための作業所や、生活が困難な方は
ヘルパーさんもお願いしてもらえます。

2.社会不適合者のため、A型作業所へ

私は長い間、すっかり社会でやっていく自信が無くなってしまって
専業主婦をやってきましたが、この厳しい世の中それでは
やっていけません。
90年代終わり辺りから、急に就職難民になってしまいました。
こういう方のために、A型作業所や、B型作業所があります。

ちなみに、A型作業所を勧めてくれたのは
ヘルパーさんでした。

こういう制度があるんですから、一度利用してみるのも
1つの手ですよ。

3.まとめ

障害者手帳を持っていると、A型、B型作業所を紹介してもらえます。
どうも何をやっても上手くいかないなど、精神的にやられるまえに
一度精神科を受診してみるのをおすすめします。
就職難民は本当に辛いですから、早急に改善した方が良いと思います。

-はじめにお読みください, 発達障害
-

Copyright© エンタメ雑貨店 , 2021 All Rights Reserved.