スポンサーリンク

発達障害の就職

最初に書いた私の過去の話です。

ゴルフ場で一年間くらい頑張りましたが、マスターからの酷いパワハラに耐え兼ね、退職しました。
当時のゴルフ場の実態はとても酷く、ベテランのキャディーさんには何のお咎めもなく、私達ペーペーのキャディーには(特に私のようなどんくさい人)はパワハラの標的にされていました。


1.ゴルフ場で働いた感想

最初は3カ月程の研修があり、その後に正式オープンしました。

常連の中には悪質なお客さんがいて、ある事無い事をマスターに吹き込むという事をしていました。
今考えると酷過ぎるし、ありえないですよね。

2.普通にあったパワハラ


私も確かに落ち度はあったことは認めますが、今になって思えば納得出来ます。
しまいにはマスターから「今度こんな事があったら分かってるやろうな」とまで言われました。この頃はまだパワハラ、セクハラと言う言葉さえ無く、大多数の人は泣き寝入りでした。

日本はこういう対応がとても遅いことに憤りを感じます。

この瞬間私は退職を心に決めましたが、
同じように思っている友達がもう1人いて一緒に退職しました。
でも、この友達は暫くしてからまた復帰してました。いやあ、強い人ですよ(笑)

3.工場での勤務

ゴルフ場を退職後、工場勤めをしばらくやっていましたが、
仕事が単調なので飽き性な私には向いてなかったんですよね。
この工場はプレス工場でした。

この会社は今まで働いてた職場で一番通勤が大変でした。
電車に乗ってた時間は10分足らずだったけど物凄い満員電車でした。
本当に怖くて嫌でしたよ。ここは半年と少し働いていましたね。
ここの職場の先輩のお姉さんに教えてもらった次の職場はもっと酷い職場
(某筆ペンメーカー)で、社内いじめに遭いました。

4、職場いじめの体験

手が遅いからというのが原因だったと思います。
先輩の主婦の人に暴言を吐かれ、心身共にボロボロになってたところ、やはりひと月で解雇されました。
「おいおい、お姉さん教えてくれたのは有難かったけど、ここは大ハズレやったで」
と思ったものです。このころのストレスは相当酷く、
洗面台いっぱいに髪の毛が抜けたほどでした。

5.写真工場は…続かなかった(^-^;

この後2.3か月くらい休んでから
ハロワで何とか見つけた某写真工場で働いてたけど、
課長さんの態度の豹変で嫌になり3か月ほどで退職しました。
ちなみに私は白黒写真を作っていました。

6.警備のお仕事

このころは色々と短期で働いていて、警備もやってました。
私は通行止め専門だったんですけどね。
この職場も酷かったですね。


社長さんの自宅まるまる会社に使ってたんですが、
仕事をもらえるのは早い者勝ちだったんですよね。
最初のうちは仕事をもらえたけど、後から入ってきた年配女性に
全部仕事を奪われました。


仕事がなかったある日に社長さんの車で
あっちこっち連れまわされた分はお給料に入らないんですよね。
この出来事に本当に嫌気が差し、退職しました。

7. パチンコ屋さんのホール係

当時友達が働いてたパチンコ屋さんはお給料が良いと聞いて
働いてたのは良かったものの、厳しすぎて2週間でクビで、
またひと月くらいして今度は設備が整ったパチンコ屋さんにトライしましたが、何とかやっていけました。

ちなみに…上のイラストのようなスタイルではありませんよ(^-^;
インカムはあったけど、ヘッドセットは付けてなかったです。

マイク放送の時間はサービスタイムの15分間(1日4回)だけで
パチンコ台の島の端に。バスの車内放送で使うようなマイクがかけてあって
そこで「(〇番台のお客様×2)フィーバースタート」と言ってました。
かなり緊張しててカミそうだったので、とっさに頭に手を当てたら
不思議と上手く言えました。

緊張する場があったらこれはおすすめかもですよ!


今考えれば年配の先輩のOさんのおかげだと思っています。
仕事の指導はとても厳しいものでしたが、プライベートではとても優しい人でした。
今ではどうしてるんでしょうね?
ここは半年少しは持ちましたが、やはり仕事がとてもヘビーだったので、腰の調子が悪くなってしまいました。

8.一番ゆるかったカフェのバイト


次はどうしようかと考えていたところに友達からの紹介でカフェで働く事になりました。通常、カフェのバイトはとても厳しいものですが、
この職場はとてもゆるい感じで働けるところでした。
そんな職場だったので何と2年とちょっとも持ちました。

9.まとめ

これらの職場をたった6年の間やってたなんて今考えると凄いですよね(^-^;
これが私の20代の半分でした。
この頃はまだバブルの勢いが残ってた頃だったので、まだ就職には困らない頃だったので、ありがたかったと今では思います。