漫画、アニメ、音楽、映画ブログ(70年代~90年代中心)お勧め作品を紹介!

エンタメ雑貨店

夏アニメ 映画 洋画

ライオンキング字幕版のIMAX版観てきました。声優さんの演技が素晴らしかった件について

更新日:

昨日、ライオンキング観てきました。


かなり大ヒットしているそうですね。
IMAXは料金が高いせいもあって、少々空いてました(笑)
ど真ん中の席を取れたので、とても見やすかったです。
画面が大きい事もあって字幕もスッと頭に入りました。

1.ライオンキングの簡単な感想

前半15分ほど居眠ってしまいました。
夏バテと疲労でグッタリだったんですよ💦

予告編です。これ、本当に全部CGなの⁉と言いたくなるほど
物凄くリアルです。


99%確かにCGですが、残りの1%は何と本物の画像を使っているそうですよ。
どこかと言うと、「主人公シンバの誕生」
シーンなんです。
全く違和感のない使い方なので、情報が無いとどこかは分かりません。

詳しくはこちら

この作品は日本の名作アニメ「ジャングル大帝」に
インスパイアされた作品だそうで
似ている個所は多々あるそうです。
私は世代じゃないし、再放送で時々しか観てなかったので
分かりませんね。
正直言って、ライオンキングは観るのは全く初めてだったし
新鮮な気持ちで楽しめました。

子供の頃に動物アニメは結構観ていたので、なんだか懐かしい気持ちになりましたね。

私は洋画を見る時は俄然字幕派!です。
何故なら、言葉のニュアンスが全く違うし、実写の洋画なら
俳優さんのイメージの声がまるで違う事もあるからです。

そして、これはみなさん言っておられる事ですが
「大人の事情」で俳優さんに吹き替えを任せてしまうケースが
圧倒的に多いんですよね。
この問題は本当に何とかしてもらいたいです。
だけど、ごくたまに上手な人がいるんですよね。
奇跡のキャスティングはやはりトイ・ストーリーだと思います。

ライオンキングを観に行く時は、字幕か、吹替えか?で
迷われる方も多いと思いますが、字幕を読むのが大丈夫なら
字幕をおすすめします。

2.Twitterの反応

https://twitter.com/c3vbfuvsfdi5kw4/status/1160351089339723778?s=21

はたまた、こんな方も…

英語版の声優さんの演技や声はとてもシブくてカッコいいです。
ヒロインのナラ役は何とビヨンセがやっておられますが
カッコいいんですよ。低音ボイスで落ち着いたヒロイン像です。

物語の悪役の声もとても重要ですが、スカーの声は
キウェテル・イジョフォーさんです。聞いた感じではマイケルジャクソンさんの「thriller」の
後半のナレーションの
声にそっくりです。まさに「らしい」のです。

マイケルジャクソンさんの名曲「thriller」

もちろん、主人公シンバの声優さんも素晴らしいです。
子役担当の方JD.マクラリーさんの歌が物凄く上手で、 しかもぴったりな演技でした。

日本語吹き替えの評判はあまり良くないですが
イボイノシシのプンバァ役の佐藤二朗さんとミーアキャットの
ティモン役のお笑い芸人ミキの亜生さんの演技が光ってたそうです。
これだけでも見応えはありそうですね。

3. ライオンキングのストーリーの雰囲気について

シンバたちをとりまくキャラや、悪役チームの中にも
味があるキャラもいます。
そこも見どころでしょう。

私はライオンキングは初体験なので、楽しめましたが
前作のアニメ版も素晴らしい出来だったそうですね。
何かと今の作品は比較されていますね。
これは仕方が無い事だし、好みもあると思います。

シンバは色々なハプニングがありながらも
仲間たちと一緒に成長していく姿は感動出来ますね。

背景などにも本当に力が入ってて
まさに懐かしテレビ番組「野生の王国」でした。

後半の迫力ある演出はまさに圧巻です。
これは見応えがありますよ。

スタッフさんは相当な心血を流しながら作られたんでしょうね。
描写がとても細かく、芸術的です。

4. まとめ

シンバの生き方には、元気をもらえます。
落ち込んでいる、または元気がない方にもおすすめな映画ですよ。
お時間がある方は行ってみてはいかがでしょうか?

-夏アニメ, 映画, 洋画
-

Copyright© エンタメ雑貨店 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.