アニソンの歴史!どのように移り変わったのか解説します。

スポンサーリンク

今ではJ‐POPと変わりませんが、昔と今とではかなり違います。
80年代初めまではアニメは子供が観るものだと定義されていたので
子供も聴きやすい曲となっています。

特撮も同じですよね。
今の特撮ソングも良い曲が多いんですが難しい歌が多いので
いかがなものかと思ってます。

「THEアニソン」でカッコいい曲の元祖!
ゲッターロボ(1974~1975)

Getter Robo G Opening

40年以上経った今でもカッコいいですよね。
このOPのテンポの良さも素晴らしいです。
私はこのアニメが大好きだったんですよ。

個人的にこの「ゲッターロボG」のOPが特に好きです。

15年ほど前に東映アニメBBで観直しましたが、やはり
名作でした。早くまたネット配信で流れて欲しい作品ですね。

アニソンがオシャレになってきた元祖
「うる星やつら」

「dancing star」(1983)

Urusei Yatsura Dancing Star Full Version InuYDesi Cover


この辺からだんだんとスタイリッシュになってきました。
「うる星やつら」は言わずもがなの名作ですよね。
特に押井さんがやっていた前半は神がかっていました。

この辺からJ-POPに変わってきたきっかけの曲「cat’s-eye」(1983~1985)

Cat's Eye Anime Intro Opening Theme HD


この作品ももちろん名作ですが、大人っぽいアニメでいて
スタイリッシュなアニメでした。
美人三姉妹が織りなす大泥棒劇です。
これは本当にアニソンの歴史を変えた代表的な曲です。
メインキャラたちのファッションも当時のトレンドに合わせていたので
とてもカッコ良かったです。

クールで洋楽っぽい曲のアニソン
「機甲創世記モスピーダ」

「失われた伝説(ゆめ)を求めて」(1983〜1984)

機甲創世記モスピーダ OP

これはゴダイゴのタテカワユキヒデさん作曲です。
洋楽っぽいメロディだと思います。
途中までは観てたアニメだったんですけどねぇ…
ネット配信で最後まで観直すのが目標だったりします(笑)
ストーリーは本格的SFロボットバトルアクションものです。

これって本当にアニメ⁉超クール過ぎ!
カウボーイビバップ 「Tank!」(1998)

カウボーイビバップ OP 【HD/1280*720】

今でもぶっちぎりのカッコよさですよね。
これ作った人は凄すぎます。まさに天才ですよ!
音楽、作画、センスにおいてすべてが完璧な作品です。

アニソンの最終形態⁉ JAM Project

有名アニソン歌手達が集まったユニットです。
実力派シンガーたちが集まっているのだから最強間違いなしですよね。
曲も名曲だらけで何を選んでいいか分かりません(笑)
テンションが高い曲が多いので、元気が出ますよ。

うーん…「SKILL」でしょうか?
これはゲームのスーパーロボット大戦の主題歌だそうです。

[Official Video] JAM Project – SKILL-2015 –

最新曲も良いと思います。

「第二期 ワンパンマン」主題歌 
 静寂のアポストル

JAM Project「静寂のアポストル」(TVアニメ『ワンパンマン』第2期オープニング主題歌)- Music Video(Full ver.)-

もうアニソンには全く聴こえません。
むしろ元気が出るから私は大好きです。
メンバーの皆さんの歌唱力は凄いんですよ。

アニソンを聴いて気分を上げて
暑い夏を乗り切りましょう!