梅雨が明けたので夏本番です。聴いているだけで涼しくなる曲を紹介します。

スポンサーリンク

私はあんまり最近の曲は詳しくないんですが、80年代の曲は聴きやすくて
お勧めなんですよ。


昔からの夏の曲と言えば、サザンオールスターズやTUBEなんですが
あえて少しマイナーな曲にスポットを当ててみます。

今回はCusco、高中正義さん、サマンサフォックスさん他を紹介します。

Cusco(クスコ)は昔はインカ帝国だったペルーのクスコ市にちなんで付けられました。
バンドメンバーはドイツの方で異文化間のニューエイジ音楽バンドです。
メンバーはマイケルホルムさんとクリスチャンシュルツさんの2人がメインでしたが
シュルツさんが亡くなられる2011年になるまで活動を続けていたそうです。
このCuscoの音楽はかなり昔からテレビなどで使われていました。
たまーに有線でも流れる事があって、私は30年近く探していたんですよ。

特に80年代に良くテレビで流れていた事があって、当時ネットなんて言うものが
無かった時代だったので、しらみつぶしにレンタル屋さんでフュージョンのCDを
借りまくってたんですが、どれも違ってました。
中でも気に入ったのがT-squareなんですけどね。

かなり経ってから7.8年前にふとYouTubeで懐かしの天気予報を見た時についに見つけたんですよ!

これです。
「Alcatraz」(アルカトラズ)(1981)

Cusco – Alcatraz

YouTubeのコメント欄に曲名が書いてありました。
うおーーっと思って思わずAmazonでポチりました(笑)
もうとっくに廃盤だったCDだったので中古です。
「Alcatraz」(アルカトラズ)は名曲ですよね。
81年の曲だそうで、あんまり古く感じないのが凄いです。

高中正義さん

アルバム「hotpepper」より

BISCAYNE BLUE(1988)

biscayne blue/高中正義(HOT PEPPER LIVE)

私は80年代後半しか知らないんですが、この方は
世界的に有名なギタリストです。
音楽活動もかなり長く、71年から活動されてらっしゃる大御所さんです。
おすすめアルバムは、 RENDEZ-VOUS(ランデブー)
hotpepper(ホットペッパー)
「SWEET NOIZ MAGIC -Master Mix Best-」
(スィートノイズマジック)
がおすすめです。
3つとも夏の情景がイメージ出来ますよ。

STANDING ON THE EDGE OF LOVE(1987)
「rendezvousより」

Standing On The Edge Of Love

特にhotpepperは当時大ブレイクしていたマイアミサウンドマシーンの方とコラボしています。
その相乗効果で、とても素晴らしいアルバムに仕上がってます。
私がこのアルバムは長年愛聴していますね。

マイアミサウンドマシーンは映画「トップガン」の挿入歌を歌ってた方です。
ボーカルはグロリア・エステファンさんで、「コンガ」が有名ですね。
キューバの出身でアメリカの歌手です。
こっちも夏向けで聴いているだけで楽しい気分になります。

「コンガ」グロリア・エステファン

MSM – Conga

サマンサ・フォックスさん

イギリスの歌手です。
もともとは日本でいうとグラビアアイドルだった人です。
ダイナマイトバディですよね。
歌の雰囲気がとても良いんですよ。

Nothing’s gonna stop me now (1987)

Samantha Fox- Nothing's gonna stop me now

元々この方を知ったきっかけは深夜放送の音楽番組で、
「ミッドナイトスクエア」?
(確認できず)知りました。80年代後半の事です。
この番組は当時、人気がある洋楽アーティストにスポットを当てて
PVを流していた番組でした。
とてもありがたい番組なんで、VHSビデオに録画して
観まくってました。
食事しながら観てたらなんかオシャレだとか思ってました(笑)

夏の名曲を聴いてぜひ涼しくなってくださいね!