80年代 J-POP

ここ数年は面白いバンドが流行っていますね。元気になる曲を紹介します。ヤバいTシャツ屋さんなど

更新日:

梅雨が明け、夏本番がやってきました。


夏に向け、テンションの高い曲が良く街でも流れてますね。
テンションが高い曲は夏にはピッタリです。

中でも個人的に好きな曲を紹介しますね。

 

 

1. ゴールデンボンバー

言わずと知れた面白系バンドです。


本気でお笑いと音楽を頑張ってらっしゃいます。
メンバーの名前も個性的ですよね。
鬼龍院翔さん、喜屋武豊さん、歌広場淳さん、樽美酒研二さんですが
これってミュージシャンの名前の域を超えてます。
元々は、エアーバンドでしたが近年は本格的に楽器を使い
本格的なバンドになっています。

PVを結構観てましたが、全部面白いのです。

私のお気に入り 「アモーレ」

それとは別に有名な曲のパロディも大変上手に作ってます。
詞、曲と共に作られている鬼龍院さんは天才ですよね。

#CDが売れないこんな世の中じゃ/CDシングル(12cm)/EAZZ-0176posted with カエレバ

「TSUNAMIのジョニー」

CDを買うと、おまけDVDが付いているそうで、これは本当に
お笑いに徹している内容です。

おまけ画像 「超簡単!爆走車内クッキング」

これ、芸人さん張りに面白過ぎます。
結構過激なお笑いだと思うんですが、このノリは…
80年代の過度期を思い出します。
体当たりでお笑いに取り組んでいるので、微笑ましいです。

ザ・ゴールデンベスト~Pressure/CD/EAZZ-38posted with カエレバ

2. ヤバイTシャツ屋さん

最近、ブレイクしているバンドですね。
一見、本当にTシャツ屋さん?って思われますが、バンドなんですよ。
私は友人が良くカラオケで歌っているので、それで知ったばっかりなんですが
何ともインパクトの強いバンド名ですね。

「ハッピーウェディング前ソング」

このバンドは男性2人と女性1人の3ピースバンドです。
一部のバンドメンバーの名前は超個性的です。

Galaxy of the Tank-top(初回限定盤)/CD/UMCK-9929posted with カエレバ

こやまたくやさん、しばたありぼぼさん、もりもりもとさんです。
こちらの名前もインパクトが強いです。
ヤバイTシャツ屋さんのPVも大変凝っており、観る人を
楽しませてくれます。

「きっとパルケエスパーニャ」

最近の曲だそうですが、「パルケエスパーニャ」のテーマ曲と
そっくりな曲があります。
これは近鉄さんとコラボして作られた曲です。
パルケエスパーニャは一度だけ行った事があるんです。

スペインのひみつ(初回限定盤)/CDシングル(12cm)/UMCK-7012posted with カエレバ

アトラクションがかなり練りに練った凝りっぷりで
乗ったら感動します!
マイナーなテーマパークですが、頑張ってほしいですね。

3. 岡崎体育さん

この方も芸人張りの歌を作ってらっしゃいます。
ここ2.3年でブレイクしていますね。


ブレイクしたきっかけの「music video」

一見、普通の一般男性に見えますが歌いだすと凄いです。
英語に堪能だそうで、ボーッと聴いていたら英語に聴こえてくる
曲があります。

BASIN TECHNO/CD/SECL-1881posted with カエレバ

MONKEY MAJIK × 岡崎体育 / 留学生

パロディの曲が多いんですが、この方もPVもかなり凝ってて
面白いんですよ。
岡崎さんは以前、上に書いている「ヤバイTシャツ屋さん」の
楽曲も提供されています。
この方も人を楽しませることに長けている人なんでしょうね。
元気のない日本をこういう方達が元気付けていると私は確信します。

COLLABORATED/CD/AVCH-78115posted with カエレバ

私はまだまだ才能がある方だと思います。
これからも頑張って頂きたいですね。

4. 米米CLUB

元祖!超実力派コミックバンドです。


80年代後半辺りから注目していました。
当時、友達がファンだったんですよね。
聴き始めたのは87年頃だったんですが、
90年の「浪漫飛行」で大ブレイクしました。
友達は、先見の明が凄かったようです(笑)

元々は「浪漫飛行」は87年の曲です。


この曲が入っているアルバム「KOMEGUNY」
は大変クォリティーが高いアルバムでした。
ちょうどこの頃私も良い曲だと思ってました。

KOMEGUNY(完全生産限定盤)/CD/SRCL-30016posted with カエレバ

ライブも大変面白く出来ており、当時のライブ番組だった
「live! tomato」(京都テレビ)も録画して観てました。
半分以上コントコーナーでいきなり本格的な歌を披露していました。
これは画期的でしたね。後にブレイクするはずですよ。

実はボーカルの石井竜也さんは凄かった!

ルックス、歌唱力など全てを兼ね備えている石井さん。
お笑いも人並み外れたセンスの持ち主と思ってましたが、この方は
落語を本格的に勉強しており、落語協会にも所属しております。
実力派のお笑い芸人でもありますね。

kome komeTV 「ONODASAN」

残念ながらYouTubeでは観れません。
これはニコニコ動画で観れます。

これ、ミュージックビデオじゃないですよ。
私はコントビデオだと思っています。
今でも通じるクオリティ高いお笑いです。
歌は30%程度しかありません。
こんなに面白いビデオなのにDVD化していません。
米米CLUBファンだった友達2人は、このビデオ持ってましたね。
何回も観させてもらいました(^-^;)
何とかDVDにしてくれませんかねぇ…

一度解散してしまったバンドでしたが、10年ほど前に
復活しています。
またヒット曲を出して、日本を元気にして欲しいですね。

5. まとめ

バンドも一大エンターテインメントにもなる事を
PVで証明しています。
「ネタ」のためにこの4大アーティストさんは頑張ってらっしゃるので
とても好感が持てますよね。
これからまだまだお笑いのようなバンドが増えてくると思いますが
頑張ってもらいたいです!

-80年代, J-POP,
-

Copyright© エンタメ雑貨店 , 2020 All Rights Reserved.