泣ける感動アニメ3選!

スポンサーリンク

夏休みの劇場公開のアニメがどんどん予定されていますね。

あなたは何を観ますか?
私はまだ決めていません。


主に昭和アニメですが、号泣必至のアニメを紹介します。

今回紹介するのは、「北斗の拳」、「トップをねらえ」、「銀河鉄道999」です。

西暦19XX年地球は核の炎に落とされた…と始まる物語は
そう、「北斗の拳」です。

北斗の拳op


83年連載スタートで、84年アニメスタートで大ブームを巻き起こした作品です。

80年代後半にジャンプ全盛期を盛り上げた作品のひとつです。


一見バイオレンスアクションで、泣けるところは無さそうな物語に観えますが実はお話が進むにつれて出てくるんですよ!



泣けるポイントは、漢(おとこ)たちの熱い想いがそれぞれの
キャラにあって、生き様が泣けるのです。

凄惨な表現もありますが、実は本当に暖かい物語なんです。

アニメスタートの84年当時はまだ北斗の拳のような劇画はまだ
受け入れられていない時代で、私は敬遠していたのです。
長らくまともに観てなかったんですが、94年頃の再放送で観なおしたら
大変誤解しておりました(^-^;)
「武論尊さん&原哲夫さん本当にごめんなさい」と本気で思いました。

思いっきりハマってしまったのです。


夕方放送していたので、当時はまだVHSビデオを毎日録画して、
時々録画失敗しながら(レイ殉職の話)ずっと続けて「北斗の拳2」の最後まで
観てました。いやあ、超名作ですよ。

特に泣ける話が多いのは第4部「南斗五車星編」です。
私はこの辺の話が大好きで、DVDまで買ってしまいました。
特に山のフドウと雲のジュウザが泣けます。

私は好きなのは、ラオウ編まですね。
ラスボスに辿り着くまでの過程がもう泣けて泣けて…


北斗の拳の世界全体に流れている独特のズーーーンとした雰囲気が
たまりません。これは昭和のアニメでは多かった気がします。
まだ観てない方はネット配信やレンタルにも置いているので、是非感動の世界を味わってくださいね。

「トップをねらえ」(1988.1989)

Gunbuster OVA 01 (1988)

このアニメが出た当時は、OVA全盛期で大量生産されていた時代でした。
たくさん出過ぎていた影響で、いわゆる駄作も目立っていた時代で
いつしか「OVA?面白くない」というレッテルも貼られてたのも問題になってました。

これを打開すべく出来た作品が「トップをねらえ!」だったのです。

この当時アニメV(1986年~1998年)と言う雑誌を買ってて
裏表紙に(うろ覚え)「今のアニメに不満があるならこれを見ろ!」
と言うようなフレーズの広告がありました。
へぇ…そんなに自信があるの?と思ってたんですよね。

発売されてすぐには観なかったんですが、当時やってた「アニメだいすき!」で
このアニメをやってたんです。

「アニメだいすき!」で放映される直前に「この作品は絶対観て!」と当時の
友人から強くお勧めされたので、観てみると最初はただのパロディアニメだったはずが
話数を追うごとにあれれれ⁉とだんだんとシリアスになり
佳境を迎えるともう号泣でした。


まだ当時はガイナックスが発足されて間もない頃で、この作品で一気にメジャーに
駆け上がりました。

そうなんです!あの広告通り「面白くて凄い作品」が出来たのです。


これは元々は。「エースをねらえ」と「トップガン」を合わせた作品と
謳われてましたが、ちょっとパロディをやっただけで、もちろんオリジナリティーも尊重していてやるところはしっかりとしていた作品でした。

音楽は今はすっかり巨匠の位置にいらっしゃる田中公平さんです。
あんまり素晴らしかったのですぐに買いに行きました。


後半3話が最も盛り上がり、最終話ではハンカチ必須です。

個人的にガイナックス作品ではこれが一番好きです。
SF作品特有の難解設定でも、おまけコーナーで分かりやすく
解説しているので助かります。


アニメ史に間違いなく載る作品なので、観ていて損はないです。

銀河鉄道999(1978~1981)

映画 銀河鉄道999 特報・劇場用予告篇

アニメブーム黎明期を盛り上げた作品です。
古い作品ながら、今でも根強いファンが大勢います。

本当にこれを見ないと人生損してますよ!と言いたいくらいの
名作です。


原作は松本零士さん原作で今でも愛蔵本を持ってます。
この頃の松本零士さんの絵は大変素晴らしく、少々古さはありますが
とても魅力的な絵でした。
特に女性キャラなんか吸い込まれそうな美しさでした。

原作、TVアニメ、劇場版とありますが、どれもとても素晴らしかったんですが劇場版を推したいですね。


私は「銀河鉄道999」と「さよなら銀河鉄道999」をぜひ見ていただきたいです。


ストーリー、音楽、作画、演出…どれを取ってもこれほど完璧なアニメは
未だ観た事がありません。


なぜかAmazon primeで長い間配信してますので、観られる環境の方は
観てみてはいかがでしょうか。


もう3年は配信してるんですよね。根強い人気がある証拠です。

もうところどころに、号泣ポイントが配置されてるので、やはり999は
泣ける作品だと断言出来ます。

あんまり素晴らしい作品なので、リバイバル上映を2度ほど行った事があります。
リアルでは観に行けなかったんですよね。
当時、田舎に住んでたので映画館は遠かったしやってなかったという…(泣)

最近知った事ですが、大きい映画館じゃなくて
商店街の中に紛れているような
小さな映画館でやってた事が発覚しました。

今では情報過多な便利な時代ですが、
40年前は新聞の映画情報だけが頼りだったんですよ。

あ、そう言えば今年8月3日でちょうど999上映40周年を迎えます。
40年経った今でも私達の心に感動が刻まれています。
この奇跡の名作に触れてみませんか?